« 国民幸福度ランキング | Main | 謎の給水スポット »

July 19, 2008

楽しきかな趣味人生

Img_9069_01

そろそろ、夏休みの計画をお考えの方も多いと思います 。こちらの夏休みは、本当にスケールが大きいですね。今日は、そんなレジャーに関するお話です

オーストリアやドイツでは、グライダーなどのスカイスポーツが盛んです。実際、上昇気流が期待できる谷には、グライダー専用の飛行場(フルークプラッツ)も設けられており、夏期休暇などには、ここでフライトを楽しむ姿を見かけることがよくあります

昨年の夏、ザルツブルク州の田舎をドライブしているときに、写真のような施設を見つけました。一見すると「ただの小屋」なのですが、実は地元の模型飛行機愛好会の「拠点」(いわゆるクラブ・ハウス)なのです。模型飛行機といっても、エンジンをつけ、無線操縦で飛ばす本格的なもの(実際に飛んでいるところが見えましたが、機体は意外と大きかったですね)です。

つまり、この「拠点」は、事務所というよりは、「模型飛行機専用の飛行場」ということになります。

ただし、本物の飛行機と異なり、滑走路の距離は短くて済むので、実際には「模型飛行機を飛ばす場所」という感じでしょう。時間の関係で、近くまで行ってみなかったのですが、この建物を中心に、芝生のエリアが用意されているようでした

人が乗るグライダー専用飛行場も、滑走路は舗装されておらず芝生です。そのため、用地さえ確保できれば、比較的容易に飛行場を設置することができます。ここも同じ発想だと思います。

実は、日本には、このような模型飛行機専用エリアが、少ないようで、首都圏などでは比較的大きな川の河川敷で飛ばしている人が多いようです。ところが、河川敷は色々な人が利用するため、「河川敷で無線操縦の飛行機を飛ばすと危険だ」という声が上がっているとか…

趣味に対する理解が深いところが、さすがオーストリアです。きっと、クラブ・ハウスでは、メンバーが自慢の愛機を持ち寄り、 ビアや ワインを飲みながら、ご歓談していることでしょう 。ある意味、日本人にとっては、うらやましいライフスタイルですね

|

« 国民幸福度ランキング | Main | 謎の給水スポット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 国民幸福度ランキング | Main | 謎の給水スポット »