« アッとびっくり ステファン教会の「大仕掛け」 | Main | 番外編 ブログ通信簿 さて、当ブログは… »

July 28, 2008

国立歌劇場前から家具屋さんに直行

Img_5685_01

日本でも都心から離れたショッピングセンターの場合、 シャトルバスが運行されている場合がありますが、今日はこの話題です。

先日、国立歌劇場の前を通りかかったところ、バス停に見慣れないバスが止まっていました。最初は、最近流行のラッピングバスかと思ったのですが、運転席にある行き先表示を見ると「IKEA」の文字が…

どうやら、ウィーン郊外にあるIKEAの店に向かうシャトルバスのようです。しっかりバス停には時刻表も出ており、1時間30分に1本程度出ているようでした。また、木曜日と金曜日は7便運行されています。当たり前ですが、お店が休みの日曜日・祝日は運休です。

運行はウィーン・ローカルバーンのバス部門が担当しているようでした。普通、郊外のお店には 自家用車で行く方が多いと思いますが、最近はベンジン代も上がっていることですし、このようなシャトルバスを使った方がお得かもしれません 。おそらく、色々と捜してみると、この手のシャトルバスはウィーンでも結構運行されているかもしれません。ただし、観光客にはご縁のない世界なので、あまり紹介されないのが難点ですが…

ちなみにイケア(IKEA)は、日本にもお店があるので、ご存じの方も多いと思いますが、スウェーデンで生まれた家具メーカーです。家具メーカーといっても、直販が基本で、流通や梱包、製造などのコストを徹底的に削減しながら、顧客のニーズに合わせた格安の組み立て式家具を販売しており、人気を集めています。

現在では、オーストリアをはじめとするヨーロッパのほぼ全域、アメリカやカナダにも出店しています。ちなみに2008年4月現在で、世界の36の国と地域に合計278店舗があるそうです。

|

« アッとびっくり ステファン教会の「大仕掛け」 | Main | 番外編 ブログ通信簿 さて、当ブログは… »

Comments

シャトルバスの存在は知っていますが
利用した事がありません。
いつも、バーデン行きの電車を利用していました。
日本にあるIKEAも利用しています。
ウィーンは郊外ですが、SCSに隣接しているので、
他のショッピングも出来て便利ですよね。
次回はこのバスを利用してみようと思います!

Posted by: necchi | July 29, 2008 08:04

あのバスは、Ikea までは無料ですが
帰りは1ユーロ45セント(Ikea の中で購入)します。
まぁ、それでも安いのは確かですが。

一時、Ikea に行かない人たちが大量にバスを利用したので、結局、帰りは有料となりました。

私の好きな(水曜日の夜がタダだから(笑))エッセル・コレクションは、アルベルティーナ広場からの無料シャトル・バスがあります。美術館の入場チケットはバスの中で買えます(というより、まぁ、買わなくてはいけない・・・でしょうね?(笑))

夏のグラフェネック音楽祭も、今年からシャトル・バスが出るようになりました。
チケットのチェックが遅すぎて、高いチケットしかなくなってしまったので、今年はパスです。クスン。

Posted by: はっぱ | July 29, 2008 08:22

necchiさま、コメント、ありがとうございます。

実は、無料なのか、有料なのか自信がなかったのですが、はっぱさんから料金に関するコメントが寄せられました

>帰りは1ユーロ45セント(Ikea の中で購入)します。

買い物をしない人が利用する…お国は変われど、考えることは一緒のようです。

Posted by: Feri | July 29, 2008 08:53

はっぱさん、こんにちは。

バス料金の情報、ありがとうございます。誰でも考えることは一緒ですねぇ。

そういえば、郊外の美術館への 送迎バスも、けっこくあるようですね。こちらの話題は、またご紹介したいと思います。

Posted by: Feri | July 29, 2008 08:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アッとびっくり ステファン教会の「大仕掛け」 | Main | 番外編 ブログ通信簿 さて、当ブログは… »