« 創刊20年を迎えた「月刊ウィーン」 | Main | びっくり仰天、路面電車の迂回運転に遭遇 »

July 11, 2008

宴の後は…EURO2008の足跡

Img_5661_01

スペインの優勝で幕を閉じたEURO2008ですが、決勝戦が終わり、すでに一週間以上が経過しているにもかかわらず、旧市街の後片付けは、まだ終わっていないようです。

公式には設営に二週間、撤収に二週間と発表されているようで、巨大なファンゾーンが設けられていた関係で交通規制がかかっていたリンクも、7月4日にやっと規制解除となりました。この日から、1系統と2系統の路面電車も環状運転に戻ったとのことでした

今回、試合の模様は日本でもテレビで放映されましたが、Feriが興味のあるファンゾーンの模様はほとんど紹介されませんでした。で、今回、旧市街を回ってみると、 まだまだ「宴の後」が残っていました(冒頭の写真は、ヘルデン広場の様子です)。

Img_5669_01

Img_5565_01


まず、プレスセンターとなったブルク劇場の屋上には、巨大なパラボラアンテナが設置されていたようです。一応、建物に配慮して、同じような色に塗られていましたが、これはすごい。また、フーリガン対策として、各種の施設にはガードが施されていたのですが、ブルク劇場も例外ではなく、写真のように門灯には、まだ覆いが付いていました。まぁ、これが役に立たなくて良かったのでしょうね

また、フォルクスガルテンの近くには、係員用のコンテナハウスが仮設されていたようですが、これまた巨大。なんと三階建て(コンテナが三層になっています)で、最上階にはベランダも着いています 。こちらの撤去は、一週間が経過して、やっと始まったところでした。

Img_5631_01

この他、ヘルデン広場(英雄広場)の銅像をガードしていた囲いも、かなり本格的なものだったようで、撤去作業も非常に時間がかかっているように見受けられました。

関連グッズを売っていたショップは、とうの昔になくなっているだろうと思っていたのですが、まだ「在庫一掃セール」の真っ最中でした。実は、ファンショップの一軒は、以前Feriも利用したことのある老舗の お菓子屋さんでした。それが、ファンショップの模様替えしており、びっくり仰天。果たして、今後、元のお菓子屋さんにもどるかどうかは、次回のお楽しみです。

Img_5689_01

Img_5621_01

サッカーの応援には、国旗がつきものなので、オーストリアをはじめ参加各国の国旗を販売しているお店(新聞スタンドやスーベニアショップなど)もあります。こちらも仕入れてしまった都合なのか、まだ平然と販売していましたが、これから買う人はいるんでしょうかねぇ。

以前、当ブログでもご紹介しましたが、今まで一般の自動車には国旗の掲揚が認められていませんでしたが、EURO2008の開催に合わせて、国旗を掲揚しても良いことになりました。試合が終わったので、皆さん、撤去していると思いきや、未だにオーストリアの国旗を掲げている乗用車も見かけました(ドイツのミュンヘンでもドイツ国旗を掲げた 自動車が数多く走っていましたね)。

Img_5579_01

また、大会の運営は欧州サッカー連盟(UEFA)がイニシアティブをにぎっているため、ファンゾーンでの商売には、色々な制約があったという話も聞きました。例えば、 ビアはあらかじめ銘柄が指定されており、それ以外は販売できなかったようです(スポンサー契約の関係でしょうね)。また、試合は夜行われるのに、何故かファンゾーンのお店は9時開店が義務づけられている、販売価格は全て決まっている…などなど、商売を行う側からすると、やりにくかったことと思います。

さて、EURO2008の経済効果ですが、思ったほどはなかったとか…というのは、サッカーファンはウィーンお得意の舞台芸術などには余り関心がなく、高級なホテルとも無縁、ファンゾーンの飲食店も思ったほど売り上げが伸びず(これは、上記のようにUEFAが運営に関与しているため店側が工夫しづらいことも影響したのでしょう)、期間中に閉店してしまったところもあるそうです(そう言えば、以前、日本がワールドカップに出場した時は、往復機内泊で、現地宿泊ゼロの“弾丸応援ツアー”というのもありましたね)。

Img_5673_01_2

しかも、困ったことに普通の観光客が、この期間、来なくなってしまった…結局、潤ったのはBI○L○などのスーパーマーケットだけだったとか …ウィーンの皆さまにとっては、人騒がせな1ヶ月だった…というのが率直な気持ちかもしれません

ところで、 予選敗退となったオーストリアですが、実はUEFA欧州選手権の本大会に出場するのは、実は初めてだったのですね。また、決勝トーナメントに開催国が残らなかったのも、初めてだったとか

とは、言ってもフーリガンによる大きな騒ぎも起こらず、最後は皆が納得するプレーをしていたスペインの優勝で幕を閉じた今大会、まずは成功と言っても良いでしょうね

まぁ、色々あった大会だったことには間違いありませんね

最後の写真は、コールマルクトにある有名店Demelのショーウィンドウです。大会マスコットもお菓子でしょうかね。

Img_5795_01

|

« 創刊20年を迎えた「月刊ウィーン」 | Main | びっくり仰天、路面電車の迂回運転に遭遇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 創刊20年を迎えた「月刊ウィーン」 | Main | びっくり仰天、路面電車の迂回運転に遭遇 »