« TRAMWAYTAG2008 | Main | 「ユダヤの女」(La Junive) »

September 15, 2008

オーストリアの消防士さんが全国から集合!

Img_8143_01

まずは、昨日、12万アクセスを達成しました。ご覧いただいている皆さまに、改めてお礼申し上げます。

日本では、移動祝日となった「敬老の日」関連で、13日から15日にかけて三連休という人も多かったと思います。

こちらウィーンは、普通の週末でしたが…

さて、9月14日、ラートハウスプラッツで各州とウィーン市の消防士(代表ですが)が集まった行事が行われました。
また、当日、ステファン教会で行われた早朝ミサは、仕事で怪我をした消防士に対するものでした。そのため、制服姿の幹部や消防士が多数参列していました。

オーストリア版の「出初め式」みたいなものかもしれません。

Feriがラートハウスプラッツに行ったときには、すでに行事の終盤だったのですが、各州とウィーン市の消防士(他にもEU圏へ出動するチームもいました)がずらりと並んだ姿は壮観でした。州毎にユニフォームや装備が違う点も興味深かったですね。もしかしたら、応援の仲間が多数来ていたところから、何かの競技会が行われていたかもしれません(ただし、機材は見当たりませんでした)。
最後は、所属するグループ毎に  消防音楽隊の演奏に合わせて、観閲行進をして行事はお開きになりました。

Img_8151_01

その関係で、14日午前中は路面電車の1系統・2系統、J・D系統の運転区間が変更になりました(ラートハウス付近を通らないようにする措置。1系統と2系統は得意の途中折り返しです)。

また、全国から消防士が集まるため、王宮前広場には各州からやってきた消防署の自動車(消防車ではなく、人員運搬用の車両や指揮車など)やバスが多数集まっていました。とくに消防自動車は、ウィーンでは通常見ることができない他州ナンバーのものが大多数でした。なお、この行事は、今年で10回目を迎えるようです。

Img_8132_01

行事では、優秀な消防士は表彰されたようで、家族や仲間が盛大な拍手を送っていました。そういえば、日本でも表彰制度はあるのでしょうが、だいたい役所の中でこぢんまりと行うケースが多いようです。やはり、このように、同じ仲間の前で、大々的に表彰されると士気も上がるような気がします。

ところで、今日までラートハウスプラッツではフィルムフェスティバルが行われています(フェスティバルは夜ですが)。という訳で、行事が終わった後、消防士の皆さんはフィルムフェスティバルの屋台に繰り出して、仲間でビアをお飲みになっていました(当然、出動服や制服姿です )。行事が終われば、今日は非番なのでしょうね。

Img_8173_01

|

« TRAMWAYTAG2008 | Main | 「ユダヤの女」(La Junive) »

Comments

突然のコメント失礼致します。
勝手ながら私どものサイトからこの記事へリンクをさせていただきました。
http://sirube-note.com/fire-fighter/

もしよろしければ、こちらのページより相互リンク登録もしていただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/fire-fighter/link/register/
現在のページからのリンクは一定期間の予定ですが、よろしくお願い致します。
(自動書込のため、不適切なコメントとなっていましたら申し訳ございません)
token:hGpUz5DD

Posted by: sirube | September 15, 2008 04:21

sirubeさま、相互リンクのお申し出、ありがとうございます。
ご希望に添うような内容が少ないかもしれませんが、これからも時々お立ち寄りください。

Posted by: Feri | September 15, 2008 08:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« TRAMWAYTAG2008 | Main | 「ユダヤの女」(La Junive) »