« テラス席の秘密兵器 | Main | 旧市街は工事中です »

September 17, 2008

ポスターに注意 代役登場か?!

Img_8383_01

オペレッタやオペラで一番気になるのは、ごひいきの歌手がちゃんと出演するか…ということでしょう。実際、歌手の皆さんも人間ですから、やむを得ない理由でお休みとなる場合もあります。これだけは、「つきがなかった」とあきらめるしかありません

ある程度、早めにわかっている場合は、公演ポスターの出演者がすでに代役になっているケースがあります。ところが、一番ショックなのは、当日になってポスターに代役起用の表示がでる場合です。

9月16日に国立歌劇場で上演された「ナクソス島のアリアドネ」(3公演目、今回が千秋楽)では、テノール歌手役がThomas MOSERから、Lance RYANに変更となりました。当初、3公演ともテノール歌手(バッカス)役はThomas MOSERがつとめる予定だったのですが、初日もLance RYANだったそうです。つまり、2公演目の11日だけが、予定通りThomas MOSERが登板した…という訳です。

実際、代役さんが予想以上に良くて、大評判になるケースも多々ありますので、決して代役を馬鹿にしてはいけません。が、今回のLance RYANは、うぅーん。ちょっとねぇ。声は大きいのですが、ドラマチックな歌い方ではないので、「劇中オペラ」の後半が冗長になってしまいました。グルベローヴァのアリアの後だけに、眠くなりそうでした

ちなみに冒頭の写真は出演者リストですが、こちらも印刷が完了してしまっていたようで、短冊状の紙で代役を伝えていました。ということは、Thomas MOSERは本当に突然のキャンセルだったのでしょうね。まさか、週末、急に寒くなったので風邪を引いた…ということではないでしょうね。

ちなみに、このように急遽代役を立てる場合、ポスターの下の方にピンで新しい出演者を書いた紙が貼ってあります。だから、変な紙がポスターに貼られていたら、要注意ということですね。

|

« テラス席の秘密兵器 | Main | 旧市街は工事中です »

Comments

Feri さん、

もっとスゴイ代役告知があって
始まる前に誰かが舞台に出てきたら要注意!!!

プログラム印刷時とか、プログラムに挟む紙の用意もできない交代、というケースが時々あります(あぁ、おそろしや。それって、ゲネプロもできてないんでしょ?)

こういう時の代役さんって
開演前の一瞬で名前を言われるだけで
プログラムにも載らないし、聴衆の記憶にも残らない。カワイソウ。
それでも、国立オペラ座は過去の記録に出演者が残りますが、コンサートの直前代役なんて、告知だけで、どこにも残らない事もありますもんね・・・

以前、ツェルビネッタ役のダムラウの代役ファリーが、大ブラボー・コールを浴びて、いま、ものすごく出て来ています。

Posted by: はっぱ | September 18, 2008 01:31

はっぱさん、こんにちは。

確かに、そういう話は聞いたことがあります。そうそう、最近話題になった話では、プルミエの時に、1幕が予定通りスタートしたので、今日は出番がないと思ったバックアップの歌手さんが、ピザ屋さんで仲間とくつろいでいたところ、携帯電話に連絡が入り、2幕から登板…という笑い話みたいなケースもありましたね。

いずれにしても体調管理には注意したいものです。はっぱさんもお忙しいようですから、仕事中に「代役」が立たないようにね もっとも、はっぱさんの代役ができるような人はいないかな?(身内ネタになったので、このあたりで…)。

Posted by: Feri | September 18, 2008 02:58

以前(バグダッドへの空爆の始まった日でした)シュターツオーパーでカレーラスとバルツァ共演、指揮アバドといった凄い顔ぶれの「カルメン」公演があり私は相当無理して高額チケットを手に入れて高まる期待とともに出かけました。ところがなんとカレーラスがキャンセル(まさにポスターの下部に小さな紙が貼ってあるやつ)!! 代役マリオ・マラニーニが飛行機でウイーンに向かっておりますとの事で一時間以上開演が遅れる始末でした。私は心からがっかりしましたが現地の人(日本人以外の人といった意味)は意外に平静で劇場側からのお詫びのフリードリンクを楽しむなどして声高に怒っている人は居ませんでした。東洋の某国に比べるとウイーンのお客さんは大人だなと感心しました。キャンセル慣れしてるのかも知れませんが・・・。
当夜は特別な公演ということで着飾ったお客さんが多くとても華やかに見えるのに、その一方でバグダッド攻撃が始まった直後のことで沢山の武装警官が警戒しておりなんとも異様な雰囲気でした。それやこれやで忘れられない一夜ではありました。


Posted by: Unicorn(ユニコーン) | September 18, 2008 15:20

Unicornさま、コメントありがとうございます。
歌手狙いでお出かけになって、代役になると、こちらから行く身としては辛いですね。

ただ、現地の方の場合、代役で意外な「拾いもの」を発見するケースも多いので、ゆったりと構えているのかもしれません。

いずれにしても、生身の人間がやっている以上、こういったリスクは避けられませんね。

Posted by: Feri | September 18, 2008 17:21

Unicorn さま、Feri さま

半分現地人化している(かもしれない)はっぱです。
代役に関しては怒っても仕方ない・・・って感じでしょう。しょっちゅうですから(笑)

俳優さんが声が出ないとかで、一人マイクつけて舞台に立ったり、「今日の歌手の誰々は風邪で調子が悪いのでお許し下さい」なんて、結構ありますもん。
(で、本当にほとんど声の出なかった歌手もいる。あれは許せん。ああいう時は代役を立てろ!と私は言いたい! 興奮しちゃった、失礼)

でも、演目はともかく、歌手とか指揮者に興味ない人、社交生活として来ている人も多いみたい。

で、Unicorn さまのご覧になったカルメンは如何だったのでしょう? ちょっと興味深々 (^O^)

Posted by: はっぱ | September 19, 2008 06:08

尊敬する姐御はっぱさんからその夜の「カルメン」は如何だったかと興味を持って頂きましたが、実は私はバルツァの大ファンでカレラス共演ならもっけの幸いといった気持ちだったのです。カレラスのキャンセルにはガッカリしたものの、これがもしバルツァだったら私は悔し涙に暮れていたことでしょう。その後ご両所共演のメトロポリタン「カルメン」のビデオで穴埋めしました。あの頃のバルツァは凄かった。その後「アルジェのイタリア女」はまだまだ良かったけれど、この所は名前を見ることも少なく先年は「ローエングリン」をキャンセル、今シーズンは「イエヌーファ」に出演が予定されておりますがどうなりますことやら。
・・・・で、当夜の「カルメン」ですがマリオ・マラニーニは立派に代役を務めました。聴かせどころ第2幕の「花の歌」では拍手が鳴り止まず、アバドは指揮棒を譜面台に置いてニコニコして居りました。いい光景でしたね。1991年1月17日夜のことでした。
(因みにマラニーニはその後日本でも「カルメン」に出てた記憶があります。)

 

Posted by: Unicorn(ユニコーン) | September 19, 2008 15:08

Uniconさま、常連のはっぱさんのご要望にこたえて、当日の詳細な状況をご説明頂き、ありがとうございました。

確かに「バルツァ」のカルメンははまり役ですからね。ちなみにFeriがバルツァ出演のカルメンを見たのは2003年6月でした。全盛期を過ぎていたのでしょうが、印象的な舞台でした。確かに、このところ、出演が減っていますね。

ところで、代役さんの話で思い出したのが、2001年5月の「道化師」です。当初、ドミンゴが出るということで、チケットは完売でした。やむなく、スタンバイを入れておいたところ、出発前にチケット確保の連絡がありました。その後、Webサイトを見たところ、チケットが戻ってきていました…さて、出演者を確認したところ、出演者が変更…ホセ・クーラになっていました。

ある程度前に代役の発表があったため、チケットの戻りが発生するらしいので、このあたり、発表のタイミングが難しいのでしょう。

Posted by: Feri | September 19, 2008 17:53

Unicorn さま
詳しい感想、ありがとうございました。
バルツァの全盛期だったのですね。羨ましいです。
(その頃は仕事ばっかりしていた・・・)

アルジェのイタリア女は私も観ました。その後、エレクトラでクリムネストラを歌った時は、スゴイと思ったけれど、やっぱりお歳を召した、という感じ(それがクリムネストラにめちゃくちゃ合っていましたが(笑))

バルツァは声域が広くて、ユニークな歌手で、Unicorn さまがファンなのもよくわかります。

Feri さまの掲示板を使ってしまってごめんなさい。

Posted by: はっぱ | September 20, 2008 06:00

はっぱさん、こんにちは。

代役さんの話題で意外に盛り上がりましたが、皆さまからのコメントで、盛り上がるのは大歓迎です。

どうぞ、これからもコメント覧をご活用くださいね。

Posted by: Feri | September 20, 2008 07:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« テラス席の秘密兵器 | Main | 旧市街は工事中です »