« 番外編 11月に森野由みさんが神戸でリサイタルを開催 | Main | ピザ屋さんの宅配三輪車 »

October 02, 2008

ピンクリボン運動協賛の路面電車登場

Img_8217_01

10月はピンクリボン月間だそうです。ピンクリボン(Pink ribbon)とは、乳がんの撲滅、検診の早期受診を啓蒙・推進するために行われる「世界規模のキャンペーン」です(リボンは、そのシンボルです)。日本でも、乳がんで死亡する女性の数が増えているようで、キャンペーンは年を増すごとに拡大しています。

さて、先日、ウィーンで、このピンクリボン運動のPR用の路面電車を見かけました

今回は、新型路面電車ULFにピンクリボン運動の特別カラーになりました。実はULFに全面広告を施した車両は、見たことがありません。おおむね、中間車両だけに広告を貼り付ける(特殊ステッカーのようです)のが一般的でした。
公共性の高い広告なので、例外として全面広告仕様になったのかもしれません。長編成タイプなので、なかなか見事で、PR効果も高いでしょう。ピンクの車体に赤いリボンのデザインですが、センスの良さを感じます

オーストリアでは、いつ頃からピンクリボン運動が盛んになったのかFeriは知りませんが、日本では2000年代に入ってからだそうです。

今では、10月1日には、東京タワー、東京都庁舎、レインボーブリッジ、東京タワー、表参道ヒルズ、神戸ポートタワー、明石海峡大橋などをピンク色にライトアップ(またはピンク色の電球に交換)し、運動の認知度を高めているそうです

2008_10_01

|

« 番外編 11月に森野由みさんが神戸でリサイタルを開催 | Main | ピザ屋さんの宅配三輪車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 11月に森野由みさんが神戸でリサイタルを開催 | Main | ピザ屋さんの宅配三輪車 »