« もういくつ寝るとアドベント | Main | 警察官(人形)の災難 »

November 06, 2008

バイクの高速道路通行証

Img_6693_01

以前、当ブログでオーストリアの高速道路(アウトバーン)は、有料だという話をご紹介したことがあります。現在、普通車は定額制で、有効期間が決まったステッカーをガソリンスタンドなどで購入し、自動車のフロントガラスに内側から貼るようになっています(ちょうど、日本の車検証や車庫証明と同じような感じですね)。

アウトバーンには、特別な区間以外は料金所はありませんので、このステッカーをチェックされるというケースは、少ないようです。が、こちらのこと。仮にステッカーを貼らずに走行していて、検問にでもあったら、高額な罰金が請求されることでしょう。

ところで、以前から疑問に思っていたのは、「オートバイの場合は、どうなるのだろうか」ということでした。

今年の夏、山岳道路にあるヒュッテに車を止めて一休みしているときに、オートバイが数台並んでいたので、のぞいてみました。

そうしたら、ステッカーがちゃんと貼ってありました(当たり前ですが)。バイクの場合、風防がないものが多いので、ハンドル正面、スピードメーター上方に貼ってありました。心配なのは、このように駐車中、このステッカーを誰かがはがさないか…という点です。何しろ「金券」ですから、世知辛い世の中、悪いことを考える人物が出てくる可能性もあります 。この点、対策が採られているのかどうかは、残念ながらわかりませんでした(だから乗用車は内側からステッカーを貼るわけですが)。

このほか、写真はありませんが、バイクの前輪を支えるフレームに付けるケースもあるようです(ウィーン市内で見つけました)。

ところで、大昔ですが、Feriが日本で自動車免許を取得した時、レンタカーを借りてドライブをしたことがあります。レンタカーなので、掲出が義務づけられている「若葉マーク」は磁石式を使っていました。たまたま、車を某所に止めて、しばらく離れていたら、何と、この若葉マークが一枚なくなっているではありませんか。そして、その後、高速道路のランプ前で,運悪く警察の検問に引っかかり、切符を切られてしまいました。こんな昔話を思い出したましたね

|

« もういくつ寝るとアドベント | Main | 警察官(人形)の災難 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« もういくつ寝るとアドベント | Main | 警察官(人形)の災難 »