« 番外編 ウィーン・クラシックス演奏会 | Main | バイクの高速道路通行証 »

November 05, 2008

もういくつ寝るとアドベント

Img_8719_01

先日、日本のテレビで、11月3日に東京タワーの下に、巨大なクリスマスツリーが設置されたというニュースをやっていました。もう、そんな時期なのですね

さて、冬時間への切り替えも終わり、いよいよ冬を迎えるウィーンですが、10月下旬からアドベント関連の準備が街中で始まっています。

ウィーン市内でも大きなクリスマス市となる市庁舎前広場では、すでに屋台の設営が始まっています。工事中のため、「一応」一般の人は市庁舎前広場への立ち入りは禁止されています。

例年、市庁舎がアドベントカレンダーになりますが、10月末の段階で、何と「24」の飾りが正面に取り付けられていました。気が早いですねぇ。ちなみに市庁舎前のクリスマス市ですが、今年は11月15日から12月23日まで開催される予定になっています。クリスマス市の開催期間や時間については、オーストリア観光局さんのWebサイトでご確認ください。

また、アドベントの期間、市内の主要な通りには、電飾が飾られますが、この準備も進んでいます。さすがに10月下旬から点灯はしていませんが、ケーブルを通りの上に渡したり、電柱に電飾を取り付ける工事も行われています。

日本でしたら、この手の工事は一週間もあれば、一気呵成にやってしまうと思うのですが、アドベントが始まる1ヶ月近くも前から、工事を行っているところが、オーストリアらしいところですね。
Img_8701_01


なお、以前もご紹介しましたが、現在、ケルントナーシュトラーセは、インフラの工事が行われています。そのため、非常に歩きにくくなっています(道路中央ではなく、道路の両端を掘り起こしているため、どうしても人が中央部に集中します)。果たして、アドベントに入るまでに工事が完了するのでしょうか。下の写真は、道路を掘り返している最近のケルントナーシュトラーセです。

Img_8596_01

ところで、オーストリアも、ご多分に漏れず世界的株価下落を受けて、経済が大変だそうです。実際、銀行への公的資金注入も始まりました。果たして、クリスマス商戦の行方はいかに

ただ、日本からのお客さまはユーロが下がっていますから、お買い物には最適かもしれません。そうそう、オペレッタの チケット代金が、相対的に安くなっているのはFeriにとって、最大のクリスマスプレゼントです 。何しろ、今年、一番高かった頃に比べると8掛けですからねぇ

|

« 番外編 ウィーン・クラシックス演奏会 | Main | バイクの高速道路通行証 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 ウィーン・クラシックス演奏会 | Main | バイクの高速道路通行証 »