« 私はCafeの看板犬? | Main | ボクの夢はパワーショベルのオペレーター? »

November 12, 2008

街の自転車屋さん

Img_7775_01

先日、自転車を愛用している人が多いウィーンで、ちょっと渋い「自転車屋さん」を見つけました

場所はウィーン大学の裏手、市庁舎の並びにある「とある建物」の1階です。石造りのビルディングなので、写真のようになかなか渋い作りです。

さすがに、営業中は、アーケード部分に売り物の自転車を「展示」していましたので、すぐに「自転車屋さん」とわかりましたが、普通に歩いていると、見逃してしまうような感じの地味なお店でした。

店内に入ったわけではないのですが、色々な種類の自転車を扱っているようでした。当然、こちらのことですから、新車の販売だけではなく、修理も行っているのでしょう。

ところで、普通、店頭には最新式のモデル(マウンテンバイクとか)を並べると思うのですが、なぜか並んでいるのは、実用的ないわゆる「ママチャリ」ですね。

こんな街の中心部(日本だったら、東京の丸の内周辺でしょうかね)に自転車屋さんがあるというのは、意外な感じがしますが、キーワードは「ウィーン大学」でしょうね。恐らく、ウィーン大学に通う学生さんを相手にしているのだろうと思います。そのように考えると、大学裏にお店がある理由もうなずけます。

そういえば、ウィーンで、Feriが自転車専門店を見つけたのは、ショッピングセンター以外では、ここが初めてでした(要するに探し方が悪いだけですが)。

|

« 私はCafeの看板犬? | Main | ボクの夢はパワーショベルのオペレーター? »

Comments

お久し振りです。

自転車屋さんですが、ギュルテルの Volksoper からちょっと行ったところの、U6 線路の下に大きなお店があります。
(ご存知の通り、高架線の U6 の下は、若い人たちの集まるディスコとかお店とかが、結構多いんです)
我々のオフィスの近く(住宅街)にもありますよ。

オフィスのスタッフも自転車通勤がいるのですが、外に停めておくと、どんな鍵を付けていても、盗まれてしまうのだそうで(あぁ、コワイ)、みんな、オフィスの中まで持って来ます。自転車の盗難事件って、かなり多いみたい。

車を運転する者としては、道路のど真ん中を、人の迷惑を全く考えず、我が者顔に走っている自転車、すごく腹が立つんですけど(笑)
歩行者としても、横断歩道を渡っていたら(歩行者優先です!)、自転車からベルを鳴らされて、睨みつけてやった事がありますが。
自転車のマナーの悪さはウィーンでも問題になっていて、ナンバーを付ける、運転講習を行う云々が、マジメに議論されていましたが、現時点ではなにも行われていません。

横コメントだったかも f(^^;) 失礼しました。

Posted by: はっぱ | November 12, 2008 18:57

はっぱさん、こんにちは。

そうそうU6の高架下って、色々なお店が入っていて面白そうですね。今度、探索してみましょう。

自転車のマナーですが、日本からウィーンに行くと、「まとも」に見えてしまいます

というのは、日本では歩道を我が物顔で自転車が高速で走っており、何度も引かれそうになった経験がありますので

ところで、自転車の盗難で思い出したのが、当ブログ2008年6月に掲載した「謎の車輪」です。はやり、この車輪以外は盗まれたのでしょうかねぇ。持ち主は、これを見たら、さぞや驚いたことでしょう。なにしろ、前輪しか残っていないのですから…

Posted by: Feri | November 12, 2008 22:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 私はCafeの看板犬? | Main | ボクの夢はパワーショベルのオペレーター? »