« 「変わった橋」のお話 | Main | 番外編 日本版ミュージカル「エリザベート」 »

December 09, 2008

ザルツブルクで出会ったDC-3

1986_dc3

最初に、ココログさんのトラブルで使用できなかった掲載写真のポップアップ機能ですが、本日から、使用できるようになったようです。写真をクリックして頂くと、ブログの画面上に拡大写真がポップアップします。どうぞ、ご利用ください happy01

ヨーロッパでは、時々、古いタイプの airplane 飛行機を使った遊覧飛行を実施しているところがあります。今日は、そんな遊覧飛行にまつわるお話です。

1986年の夏、友人ご夫婦と一緒にオーストリアを回っていました。夏だったので、主にザルツカンマーグート方面に行ったのですが、その時、現地で、ザルツブルク空港で空港開設60周年記念の航空ショー(60Jahre SalzburgAirport Airfestival)が、8月14日から17日まで開催されるという情報を手に入れました(実際の航空ショーは16日の土曜日と、17日の日曜日に開催でした)。そこで、1日だけ、友人ご夫婦と別れて、Feriは単身、ザルツブルク空港へ向かいました。

航空ショーの内容は、軍用機を含む各種航空機の展示、デモフライトなどでしたが、当時はザルツブルク空港の発着が少なかったこともあり、地方の民間空港ながら、Feriが予想した以上の規模でした。ちなみに参加したのはアメリカ空軍、フランス空軍、ベルギー空軍、オーストリア空軍の現役軍用機、フライアブルで保存されている各種航空機(第二次世界大戦の軍用機もいました happy01 )、民間のアクロバットチームなどでした。

1986_szg

その時、イベントの一つとしてDC-3という「昔の旅客機」を使った遊覧飛行を実施していました。日本では、DC-3に乗るチャンスは、まず無いので、迷った結果、搭乗することを決めました(要するに料金が高かったのですね。当時のプログラムを見ると、大人が380シリングでした coldsweats01 )。

機材はエアーアトランティックというイギリスの会社が所有するものでした。料金を払うと、写真のような搭乗整理券が手渡されました。これを見ると観光フライトなのにしっかり便名もついており、Feriが搭乗した便は38便でした(便名は航空管制上、必要なのでしょう)。

1986_dc30001

今の飛行機と違って、尾輪式なので、尾翼側が下がっています。当然、後ろから乗り込むわけですが、操縦席の方向に向かって坂になっていたことが、印象的ですね。搭乗後、しばらくすると離陸です。

DC-3は、アメリカの航空機メーカーであるダグラス・エアクラフト社(今はボーイング社に吸収されていますが)が1936年に開発した、双発のプロペラ旅客機・輸送機です。飛行性能と輸送力・経済性を高い水準でバランスさせた機体で、1930年代から1940年代に世界の航空輸送変革の原動力となった「不朽の傑作機」と言っても良いでしょう。事実上、世界で最初の「本格的商業旅客機」でした。

また、民間エアラインだけではなく、各国の空軍でも輸送機として採用されており、アメリカ軍では「C-47スカイトレイン」(C-47 Skytrain)、イギリス軍では「ダコタ」(Dakota)という名称で知られています(イギリスから来た機体だったので、プログラムにはダコタと紹介されていました)。

エンジンはレシプロ1200馬力のものが搭載されており、乗客は最大32名乗せることができるそうです(3列席21人、4列席28~32人)。Feriが乗ったDC-3は、1-2の3列配置だったと思います(今と違ってフィルムカメラだったので、フィルムの残量が気になり、撮影した写真も最小限でした coldsweats01 )。

1986_dc3_b

遊覧飛行なので、離陸後、ザルツブルク市内上空を周り、ミラベル庭園などが良く見えたのを覚えています。飛行は20分強でしたが、レシプロエンジンの音を十分に堪能できました。

オーストリアでも時々航空ショーが行われていますが、Feriが滞在中に実施されたのは、後にも先ににも、この一回だけでした happy01

|

« 「変わった橋」のお話 | Main | 番外編 日本版ミュージカル「エリザベート」 »

Comments

はじめまして。
私は車のブログを書いてるのですが、
エンジンについて調べているうちにこのブログに出会いました。
写真がすごく素敵ですね。
オーストリアに行きたくなってしまいます!
オーストリア、憧れの地なんです。

もしよかったらブログにも遊びにきてください。
http://blog.dabu.jp/bmw3series/03410/10063.html

Posted by: puppy | December 10, 2008 at 12:38 AM

puppyさま、お越しいただき、ありがとうございます。

2004年9月から当ブログを開設しておりますので、お暇なおりにバックナンバーもご覧いただけると幸いです。

なるべく幅広い話題を取り上げるようにしております(車の話題も過去何回か取り上げております)ので、お気に入りのテーマが見つかるかもしれません。下の二つはいかがですか?

http://wien.cocolog-nifty.com/operette/2008/08/post_b7c1.html#more

http://wien.cocolog-nifty.com/operette/2008/08/post_1531.html#more

Posted by: Feri | December 10, 2008 at 09:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「変わった橋」のお話 | Main | 番外編 日本版ミュージカル「エリザベート」 »