« 阪 哲朗、フォルクスオーパーで「こうもり」を振る | Main | 路面電車に乗ったサンタクロース<訂正です> »

December 20, 2008

クリスマスツリー市にて

Img_9519_01

いよいよ今週は、「最後のアドヴァンとの週末」となりますので、ウィーン市内は大賑わいです 。さて、そんな「アドヴェントの話題」を二つお伝えしましょう。

アドヴェントも第3週ともなると、 クリスマスツリーの販売も最盛期を迎えます(実際には、第4週が一番賑わうそうですが)。

各地の広場には、クリスマスツリーを販売するお店がたくさん並んでいます。以前、クリスマスツリー市で見かけた「謎の機械」の話題をお届けしましたが、実際に運用しているところを初めて見ましたので、その模様をお知らせしましょう。

まず、お客さまが買うツリーを選ぶと、店員さんがこの機械にツリーを差し込みます。そして、最初に幹を短く切り落とすのですね。つまり、「作業用の台」を兼ねているという訳です。

その後、ナイロンのネットを機械にセットして、ツリーを下の方から押し込むと、あら見事。ツリーの梱包が完了する仕組みです。このように梱包しておくと、自動車で運ぶ場合でも枝が落ちることがないので、安全上も好ましいのでしょう。なお、この「機械」ですが、ツリーの大きさによって使い分けているようで、下の写真のように二種類を使い分けているところもありました。

Img_9563_01

ところで、クリスマスツリー市で販売している ツリーは、残念ながら完売できないケースの方が多いと思います。 ケーキなどならば、クリスマス以降でも安売りという手がありますが、ツリーではどうしようもありません。どうやら、使用済みのツリーと同じく、断裁の上、燃料になるようです

また、残念なことですが、最近はクリスマスツリー市から夜間、ツリーを盗むとんでもない輩が出てきているそうです。実際には、人がいなくなる夜間には、ちゃんとフェンスで囲っているところが大多数なのですが、如何せん、屋外ですから、やる気になれば、盗み出すことは可能です。しかし、盗んだツリーでお祝いをしても、罰が当たりそうです 。で、実際には盗品市のようなところに出品されているとか。

Img_9561_01

市内各所のマルクトで、もし極端に安いツリーを売っていたら、それは盗品 かもしれません。ちなみに、高さが150cmくらいのもので、正式版は48ユーロくらいするようです。

|

« 阪 哲朗、フォルクスオーパーで「こうもり」を振る | Main | 路面電車に乗ったサンタクロース<訂正です> »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 阪 哲朗、フォルクスオーパーで「こうもり」を振る | Main | 路面電車に乗ったサンタクロース<訂正です> »