« いずこも同じ? 自転車の問題 | Main | 残念なニュース »

December 01, 2008

こんなオフィス家具はいかが?

Surrealminimalism

12月最初の話題は、オフィス家具のお話です。

ヨーロッパにはユニークなデザインの家具がありますが、先日、Webサイトを見ていたら、オーストリアのインダストリアル・デザイナーDavid Pompa氏が発表したオフィス家具シリーズを見つけました。

David Pompa氏が発表したオフィス家具シリーズは、「シュール・ミニマリズム」と名付けられていますが、まずは、冒頭の写真をご覧ください。この椅子などは、下がスキー板のようになっています。このままゲレンデに出たら、バラエティ番組の一場面になってしまいそうです。

同氏は“今の消費者社会はもう、テーブルを一個、椅子を一個デザインするって時代ではない。そのテーブルや椅子を使う人のユニークな体験をデザインする時代だ”と主張しています。

確かに、この家具を使えば、「ユニークな体験」ができることは間違いないでしょうね。デザイナーなど、クリエイティブな発想を必要とする職業の方には最適かもしれません。しかし、普通のオフィスに置いたら、どうなるのでしょうかね。仕事の生産性が上がるのでしょうか。下の写真は、椅子なのか、作業用ブースなのか、Feriにはよくわかりませんが、仕事がしやすいのでしょうかね 。立ち上がるときに、頭をぶつけそうです

Surrealminimalism3

ちなみにDavid Pompa氏の経歴ですが、同氏のWebサイトによると、1986年にオーストリアで生まれ、2005年にインダストリアル・デザインの学校を卒業後、現在の仕事に就いたようです。今までに、GLOBO社の照明器具シリーズ「Alice」などのデザインを手がけているとのこと。写真を見ると,なかなかのイケメンですね

Davidpompa_02_2

「シュール・ミニマリズム」の詳細は、以下のWebサイトに紹介されています。ご興味のある方は、どうぞ

Surreal Minimalism Chairs | Feedeex

Davidpompa_3


|

« いずこも同じ? 自転車の問題 | Main | 残念なニュース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« いずこも同じ? 自転車の問題 | Main | 残念なニュース »