« 番外編 ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo | Main | 「怪しげな装置」…さて、何を作っているのでしょう? »

December 04, 2008

ルフトハンザのオーストリア航空買収が前進<追加>

Img_7663_01

当ブログでも何回か紹介した経営危機に貧している オーストリア航空ですが、12月3日、ルフトハンザ・ドイツ航空による買収が決まったようです(現時点では、ルフトハンザの監査役会の同意が得られたという段階ですが…)。

オーストリア航空は、燃料価格の高騰や世界経済の低迷で、業績不振に陥っていましたが、やっと売却交渉が合意したということですね。

ロイターから買収提案に関する情報がアップされました。それによると、

計画によると、ルフトハンザは当初、オーストリア政府の42%に持ち分に36万6000ユーロを支払います。また、オーストリア航空の将来の業績や、ルフトハンザの株価次第では、追加分として1億6200万ユーロを支払う可能性があるそうです。このほか、発行済み株式のうちオーストリア政府が所有していない分について、ルフトハンザは2億1500万ユーロで取得する意向を持っているとか…

今回の買収が実現すると、ヨーロッパ最大の航空会社となりますね。

ちなみにルフトハンザ・ドイツ航空は、2005年にスイスを買収したほか、今秋にはベルギーのブリュッセル航空の買収を決定しています。さらに、アリタリア航空の後継会社への資本参加に向け交渉を進めているそうです。

さて、気になるのはオーストリア航空の路線再編です。こちらについても、今後注目したいと思います。個人的には、スイスのような運営形態になると思っています。となると、オーストリア-ドイツ間の便については、ある程度、整理される可能性があるでしょうね。

それにしても、イギリスのBAとオーストラリアのカンタスが合併を検討するなど、航空業界の再編成はすさまじい勢いですね 。ヨーロッパでは、何となく英国航空エールフランスルフトハンザの3グループに集約されそうな気がします


下の写真は、一足先にフルトハンザグループに「買収」されたスイスです しかし、かつては、スイス航空と言えば、極めてお客さまの指示が高かった航空会社だったのですがねぇ。

Img_3439_01


|

« 番外編 ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo | Main | 「怪しげな装置」…さて、何を作っているのでしょう? »

Comments

Feriさん。
おはようございます。 “AUA最新情報拝読中!”

欧州における航空会社の再編成なんでしょうか、なんか一抹の寂しさを感じます。
しかし、こうもドラスチックに航空会社が買収されるなんって、それもフラッグ・キャリアが・・・日本で言えばJLが米国の航空会社に身売りされるような感じ。
それにしてもゲルマン気質(?)誉れ高いあの墺国民はどのように捉えているのでしょう、このニュース?
何れにせよ、企業存続故の大英断でしょうが現場で働く人達の気持ちが思い遣られます。

Posted by: airlines | December 05, 2008 07:48

airlinesさま、Feriです。

当初、ルフトハンザの他、中国、ロシア当たりからもオファーがあったようなのですが、個人的にはルフトハンザが優先交渉権を得たので、多少は安心しております。

後は、買収金額や条件面でオーストリア航空というよりは、持ち株会社の方がOKを出すかどうかでしょうね。

ところで、現在のルフトハンザ・ドイツ航空のトップはオーストリア人(現地の人曰く、優秀な経営者は国外に行ってしまう)らしいので、まぁ、妥当なところでしょう。

いずれにしても路線やフリートがどのように再編されるか、注目したいところです。もしかすると、ルフトハンザ・ドイツ航空はB777は保有していませんから、またA340かA330に戻ったりして (最も燃費の問題でB777に切り替えたらしいですからねぇ)。

Posted by: Feri | December 05, 2008 09:09

Feriさん、早速のお返事ありがとうございます。

オーストリア航空には深い思い入れがあるんです。
日本に乗り入れた年の冬(20年近くも前の話ですが)この会社の飛行機に乗りました。当時はA310で航続距離の問題があるとかで、モスクワ経由でした。薄暗く人影のあまりない寒い待合室でのトランジット、それから2時間弱で辿り着いたのがウィーンでした。明るい!これが私の第一印象、実感でした。
あれ以来、いくたびOSにお世話になっただろうか・・・
機体のロゴマークにも変遷がありましたが、なんと言っても成田で最初眼にした固いゴジック体の機影を忘れることが出来ません。
嗚呼、オーストリア航空会社よ 永遠なれ!

Posted by: airlines | December 05, 2008 10:28

(○`・ェ・)ノ【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】
こんにちわ。(はじめまして。)
平成21年も、もうすぐです。実家へ帰省します。
ところで、今度の5月2日(土)から9泊11日でWIEN行きます。(休みを大幅に振り替え、有給休暇取得せずに行けるものなら行きたいです。歩合給の会社なので。皆に後ろ指刺されない状況で出かけたいです。)
OS52/51の両便を使います。(発券はANA)
今までLHをviaMUCにして使っていました。今回は、シュターツオーパーで新演出’指輪’(第1チクルス)観にいきます。
さて、ちゃんとOS52が出発しないと、19:30からの楽友協会のコンサートに間に合いません。
そして何よりも、ちゃんと予定通リ帰ることができないと、会社に机がない事態になりかねません。

どうしたら、エコノミークラス(席は、通路側。10番台です。)で確実に寝込むかを考えています。大体いつも半分は寝ていますが。今回は特別です。疲れない寝かたを、教えてもいただけたら。と。

Posted by: T.T | December 30, 2008 09:55

T.Tさま、コメントありがとうございます。
来年5月のウィーン行き、楽しみですね。気候も良い時期ですし、魅力的な演目も並んでいますしね。

到着当日、楽友協会ですか。私もやったことがありますが、正直、かなりきつかったです 。ちょうど、日本時間の深夜ですからねぇ。これは機内で熟睡する以外ないですね。

ちなみに、ご存知かと思いますが、39以降のA・C、H・Kは二人掛けなので、負担が少ないかと思います。空いていれば、隣をブロックしてもらうのが一番良いのですが、これだけは、当日にならないとわかりませんからねぇ。

それでは、来年も気軽にお越しくださいませ。

Posted by: Feri | December 30, 2008 13:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo | Main | 「怪しげな装置」…さて、何を作っているのでしょう? »