« やっぱりサービス低下? オーストリア航空 | Main | ミュージカル映画「こうもり」 »

January 05, 2009

2009年は「ハイドン・イヤー」

Img_0421_01

今日、5日ですが、ウィーンでは「窓の日」パート2になっていると思います。というのは6日が「三聖王の日」でお休みになるため、月曜日を休んでしまうと、連休になるからです。曜日回りの関係から、2日も「窓の日」になっていましたから、もし、続けると6連休になるのでしょうかね。きっと、今日あたり、突然風邪を引いたりする人が増えるんでしょうなぁ sleepy という訳で、今日は「窓の日スペシャル」として「二本立て」です。

2009年は、ヨーゼフ・ハイドン(1732~1809年)の没後200周年に当たるため、「ハイドン・イヤー」としてオーストリア各地では、様々な行事が行われます。

ただ、日本人にはモーツァルトのように一般受けしないためか、日本国内ではあまり紹介されないのが残念です。

ご存じのように、ハイドンはニーダーエーステライヒ州のローラウで、1732年3月31日に生まれました。その後、ウィーンのシュテファン教会では聖歌隊の一員として歌い、アイゼンシュタットにあるエスターハージィ宮殿では、30年以上もの間楽長を務めています。1809年5月31日に死去するまで、1200曲以上の作品を残しており、「交響曲と弦楽四重奏曲の父」とも言われていますね。

という訳で、没後200年に当たる今年は、偉大な作曲家ハイドンの生涯を祝い、ウィーンをはじめ、ハイドンが活躍した各地で、数多くのコンサートやオペラ、展示会などが催されることになっています。

実際、昨年からハイドン・イヤーを先取りして、展示会を開催しているところもあるようです。ハイドンは、こちらでは人気の高い作曲家ですから、盛り上がることでしょう。ちなみに冒頭の写真は、国立図書館のハイドン展のPRです。

詳しい情報は、いずれオーストリア政府観光局のWebサイトなどで公開されると思います。また、当ブログでも興味深い情報が入り次第、お伝えしたいと思います heart04

Img_0420_01

|

« やっぱりサービス低下? オーストリア航空 | Main | ミュージカル映画「こうもり」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« やっぱりサービス低下? オーストリア航空 | Main | ミュージカル映画「こうもり」 »