« 地下鉄U6の世代交代が完了しました | Main | 初めて見ました 活躍中の街頭体重計 »

January 26, 2009

ORFの特殊自動車

Img_9797_01

今日は「特殊自動車のお話」です。

旧市街にあるクンストフォーラム前で、写真のような特殊自動車を見かけました。普通、荷台への荷物積み卸しを楽にするため、後部がリフト構造になっているというトラックはよく見かけます。

しかし、この自動車は、何と貨物スペース自体が下がってくるというものです。作業中は車体を安定させるためか、車体下にスキッド(そり状のもの)がついており、これが下がって道路に密着するようになっています

また、興味深いのはトラックの後輪です。当たり前ですが、通常のトラックは車軸がつながっていますから、このような構造にはできないのですが、この車両は、どうなっているのでしょうか 。後輪は左右が独立してい可能性もありますが、そこまでは確認できませんでした。当然、トラックには珍しい前輪駆動となっているのでしょう。

で、この手の特殊車両を作らせたら上手なダイムラーのウニモグ(Unimog=Universal-Motor-Gerät、日本語に訳すと「多目的動力装置」)ブランドでした。普通、ウニモグは四輪駆動なので、この車両の場合、仮に四輪駆動だとした場合、後輪はどのように駆動しているのか、非常に興味があります

Img_9798_01

恐らく美術品などを運ぶための特殊車両だと思うのですが、放送局であるORFがなぜ、このような特殊車両を持っているのか、今ひとつ理由がわかりません。

いずれにしても、謎の多い特殊車両ですが、Feriもこの時しか見ていないので、今となっては確認する術がないのが、残念です。もし、またどこかで見つけたら、今度こそ、徹底的に調べてみましょうね

|

« 地下鉄U6の世代交代が完了しました | Main | 初めて見ました 活躍中の街頭体重計 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地下鉄U6の世代交代が完了しました | Main | 初めて見ました 活躍中の街頭体重計 »