« フォルクスオーパーのオーケストラメンバー | Main | リッチな巨大キャンピングカー »

February 28, 2009

謎のピクトグラムシリーズ ミュージアム(MQ)編

Img_8712_001

2月最後の話題は、 謎のピクトグラムシリーズ ミュージアム編」です。

ウィーンの観光名所にもなっているミュージアム・クォーター・ウィーン(MQ)にはお出かけになった方も多いと思います。広大な敷地に、さまざまな美術館、レストラン、カフェ、ショップの施設などがあり、いつも多くの人で賑わっていますね。

ミュージアム・クォーター・ウィーンの説明については、本家やウィーン観光局のWebサイトに譲るとして、Feriは、ここで見つけた興味深いピクトグラムについてご紹介しましょう

写真がミュージアム・クォーターの一角で見つけたピクトグラムです。下地が青い「上の三つ」は、左から「犬はリートにつなぎましょう」、「監視カメラで監視しています」(それにしても、近頃はウィーンも監視カメラが増えましたね )、「ゴミはゴミ箱へ捨てましょう」ですね。まぁ、ご案内のたぐいでしょう

Img_8713_001

中段の三つは、左から「お酒はダメよ」、「犬の○○○はダメよ」でしょう。ミュージアム・クォーターのカフェでは、当然、 ビアや ワインは提供されています。しかも、春になれば中庭にはテラス席も設けられます。

ここでも「お酒がダメ」ということはないと思うので、恐らく「お酒を飲みながら歩き回ってはダメ」もしくは、「カフェやレストラン以外では禁酒」といったニュアンスだと思います

一番右側は禁止を示す斜線が入っていませんから、「注意標識」ということになります。「Bitte Fahrrad schieben」という説明がついていますので、 自転車は押してください」という注意ですね。日本でも、混雑している場所では、「自転車は降りて、押してください」という注意がありますから、これと同じです。

下段の左側は、ずばり「スケートボード禁止」のヒストグラムですね。こちらウィーンでも若い人を中心にスケートボードが流行っているようで、実際、これに乗って走っている人を時々見かけます。さすがに美術館の公共エリアでは、危険ですから、禁止は当然でしょう

さて、下段の左から二番目が、Feriが初めて見かけた「謎のピクトグラム」です。

Img_8712_002

クローズアップ版を用意しましたが、左が女性、右が男性のようです。なぜか、黄色で水着のようなものが描かれていますね(この黄色が何とも微妙な雰囲気を醸し出しています )。斜線が入っているので、 禁止マークであることはわかります。さて、何が禁止されているのでしょうか?

この付近にオトナが泳げるような池はありませんが、恐らく、「水着姿はダメよ」だと思います(まさか「下着姿はダメよ」ではないでしょう )。

確かに、こちらでは春から初夏に欠けて、天気が良い日は 日光浴をする人を公園で多数見かけます。紫外線を浴びる機会がすくないため、病気になりやすいという話も聴きますから、日光浴は奨励されているのでしょうが、さすがにミュージアム・クォーターの公共エリアでは、「勘弁してね」というところなのでしょうかね。

ところで、ピクトグラムの男女ですが、水着以外にもちゃんと男女の体型を描き分けているところが、芸が細かいですね。女性は小柄で、なで肩。男性はがっしりとした体格になっています。さすがに美術館のものだけのことはあります

しかし、この手のピクトグラムが出ているところをみると、実際にミュージアム・クォーターの中庭で、水着姿で日光浴をした人物がいたのかもしれません 。この手の禁止標識は、実際に試みた人が出てから、設置するケースが多いですからね。それにしても、色々なピクトグラムがあるものですね

|

« フォルクスオーパーのオーケストラメンバー | Main | リッチな巨大キャンピングカー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオーパーのオーケストラメンバー | Main | リッチな巨大キャンピングカー »