« オーストリア航空 その後 | Main | 番外編 駅構内でのキスは「NO」=禁止標識を導入 ただしイギリス »

February 18, 2009

ウィーンのホット・スポット事情

Img_0908_001

今日はウィーンの ホット・スポット」にまつわるお話です。

最近、ウィーンでも無線LANが使える「ホット・スポット」が増えてきたようです。実際にFeriが利用したところだと、国立歌劇場向かいのXcelsiorCaféBar(チェーン店ですね)や有名なCaféCentralなどが「ホット・スポット」になっていました(このほか、シュヴェヒャート空港の出発エリアにも「ホット・スポット」がありますね)。

ご存知の方も多いかもしれませんが、現在、ウィーンのホテルでは部屋で無線LANや有線LANが使えるとことが多くなっているのですが、残念なことに「有料」になっているとことがほとんどです。ホテルによって値段は異なりますが、1時間4ユーロくらいが多いようです。

ところが、上でご紹介した「ホット・スポット」は、何と接続料金が 無料」なのですよ(いずれもfreewaveというプロバイダーが運営しています)。日本でも、このところ「ホット・スポット」が急速に増えていますが、ほとんどが「有料」(プロバイダー経由のローミングなど)です。これを考えると、ずいぶん太っ腹ですね。ちなみにウィーンの「ホット・スポット」でも携帯電話会社が運営している「有料」のところもあります。

最近、Feriがウィーンへ持っていくパーソナル・コンピューターにも無線LANシステムが搭載されているので、実際に「ホット・スポット」へ持っていって、試してみました。

最初に本体の無線LANをOnにして、アクセスポイントを検索し、ブラウザーを立ち上げます。ブラウザーでアクセスポイントへの接続をクリックすれば、後は無料で、自由に使えます。Webサイトの閲覧はもとより、通常のメール送受信も可能です。実際、Feriも持参したパーソナル・コンピューターで、当ブログを閲覧したのですが、不思議な感じがしましたね。

Img_0518_001

ただし、無料のホット・スポットは、セキュリティが甘くなりやすいので、パーソナル・コンピューター側で対応する必要があります。この点さえ、注意しておけば、 カフェや ワインを飲みながら、メールチェックができる訳です。

難点としては、電源を確保できないことでしょうか。従って、バッテリーに頼ることになりますので、十分に充電してからお出かけになることをお勧めします。

Webサイトを閲覧しながら、ふと考えたのは、CaféCentralなどでは、1/8リットルの白ワイン(ハウスワイン)が2ユーロ以下です。そう考えると、ホテルで有料のLANを使うよりも「オトク」ということになりますね

Global_data

このほか、オーストリアでも携帯電話網を使ったデーター通信サービスが行われています。専用の通信端末を使って通信をする訳ですが、こちらは従量制なので、意外とコストが掛かるようです。最近、テストのつもりで、日本でヨーロッパで使える通信端末装置をレンタルして、ウィーンで試してみました(左の写真がレンタルしたUSBタイプの通信端末です)。

ローミングにも関わらず、簡単につながる点は ご機嫌なのですが、セキュリティソフトの定義ファイル更新などが入るとデーター量が増加し、通信料金が結構な値段になってしまいます

そのように考えると、ウィーンの場合、「無料のホット・スポット」を利用するのが、一番コストパフォーマンスが良いと思います

Freewave

なお、先ほどもご紹介したように「有料のホット・スポット」もあるので、利用する場合は、あらかじめ場所をチェックしておくと良いでしょう。

ご参考までに、ウィーンの「ホット・スポット」を案内しているWebサイトをご紹介しましょう。

なお、「無料ホット・スポット」を運営しているfreewaveWebサイトからも検索することができます。

| |

« オーストリア航空 その後 | Main | 番外編 駅構内でのキスは「NO」=禁止標識を導入 ただしイギリス »

Comments

https://www.officialfootballjerseys.us.com/
https://www.cheapmlbjerseyswholesale.com.co/
https://www.nflstoreonlineshopping.us/
https://www.nhlstore.com.co/
https://www.nflshopofficial.org/
https://www.nflstores.com.co/
https://www.nfljerseysofficialshop.us/
https://www.hockeyjerseyscheap.us/
https://www.wholesalejerseyscheapest.us.com/
https://www.cheapfootballjerseysfromchina.us.com/
https://www.mlbshops.us.org/
https://www.mlbstore.us.org/
https://www.newfootballjerseys.us.com/
https://www.cheapjerseyssale.us.org/
https://www.wholesalenfljerseys.us.org/
https://www.officialmlbstore.us.com/
https://www.hockeyjerseyswholesale.us.com/
https://www.jerseyswholesaleforcheap.us.com/
https://www.nbashop.us.org/
https://www.wholesalenbajerseyscheap.us.com/
https://www.cheapnfljerseyswholesale.com.co/
https://www.nflshop.com.co/
https://www.hockeyjerseyscheap.us.com/
https://www.nflfootballjerseys.com.co/
https://www.wholesalejerseys-cheap.us.com/
https://www.nflfanshop.us.com/
https://www.nflfanshop.com.co/
https://www.cheapjerseysfromchinawholesale.com.co/
https://www.nhljerseyscheapwholesale.us.com/
https://www.cheapnbabasketballjerseys.us.org/
https://www.nflgearuniforms.us/
https://www.cheapnfljerseysfromchina.com.co/
https://www.nbabasketballjerseyscheap.us.com/
https://www.wholesalecheapjerseysfromchina.us/
https://www.nbajerseyswholesalecheap.us.com/
https://www.officialnfljersey.us.com/
https://www.newnbajerseys.us.com/
https://www.jerseyswholesalevip.us/
https://www.cheapnfljerseyswholesalefromchina.com.co/
https://www.mlbbaseballjerseys.us.org/
https://www.mlbshops.com.co/
https://www.footballjerseysforcheap.us.com/
https://www.nflfootballjerseysnew.us.com/
https://www.baseballjerseyssale.us.com/
https://www.nbajerseysnew.us.com/

Posted by: Holder | October 24, 2021 02:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリア航空 その後 | Main | 番外編 駅構内でのキスは「NO」=禁止標識を導入 ただしイギリス »