« 番外編 アレクサンダー・ジョエルの「意外な一面」 | Main | 乗ってみたい? ウィーンの「珍品タクシー」 »

February 04, 2009

番外編 ハンブルク・オペレッタハウス

Img_1592_001

今日は、番外編として「ハンブルクの話題」をお届けします。

先日、久しぶりにハンブルクを訪れた際、市内の地図を眺めていたところ、「オペレッタハウス」(Operettenhaus)なるものを見つけました。この名前、オペレッタファンのFeriには引かれるものがありますねぇ。

もちろん、滞在が一日だけですから、劇場で実際の公演を観ることは不可能ですが、どんなところなのか見に行くことにしました(もちろん、昼間)。ところが、場所が「かの有名な歓楽街」、レーパーバーン(Reeperbahn)の近くなのですね。まず、場所が怪しいですね coldsweats01

地下鉄ザンクト・パウリ(St.Pauli)が最寄り駅なので、ここまでU3で行きました。しかし、この付近は、確かに怪しげなお店が多く、日本の新宿・歌舞伎町を連想させるような雰囲気です bearing

道路を歩いていて、最初に見つけたのは、何と写真ような「看板」です shock 。さすがのFeriも、まさかヨーロッパで、このようなヒストグラムを見るとは思いませんでした(アメリカでは「拳銃の持ち込み禁止」というヒストグラムはよく見かけますが…)。拳銃に加えて、ナイフ、護身用スプレー、バットなどの所持が禁止されているようです。また、治安維持のため監視カメラが多数設置されているようです。

余談ですが、今でも日本の殿方は、ハンブルクへ来るとReeperbahn周辺へ繰り出すのでしょうかねぇ。

Img_1591_001_2

持参した地図がおおざっぱだったので、ちょっと探すのに手こずりましたが、実は広い通りに面した場所にあり、オペレッタハウスには夜でも安心して行くことができそうです。

劇場は冒頭の写真のような近代的な建物で、現在は、TUIというドイツの大手旅行会社が経営しているようです(そのため、正式な劇場名はTUI Operettenhaus Hamburgとなっています)。

平日の昼間ですから、チケットオフィスしか開いていないので、ロビーまでしか入ることができませんでした。やはりドイツの劇場らしく、ロビーには巨大なバーカウンターが設置されていました。きっと、夜は賑わうのでしょうね。実際の公演を観たわけではないので、劇場の構造はわからなかったのが残念です。


さて、肝心の上演演目なのですが、現在は、劇場名とは裏腹にミュージカルだけが上演されています。しかも、一つのミュージカルを一定期間上演する方式のようで、Feriが訪ねた時は、「Ich war noch niemals in new york」というブロードウェイミュージカルが上演されていました。歓楽街にブロードウェイミュージカル、何となく似合う雰囲気ではありますが…coldsweats01

2009_01_ham

2009_01_ham0001

ちなみにチケットのお値段ですが、週末は49ユーロ~120ユーロ、平日が39ユーロ~79ユーロとなっていました。週末料金を設けているところが、面白いですね。

恐らくかつてはオペレッタを専門に上演していたのでしょうが、これも「時代の流れ」と言えそうです。Feriとしては、ドレスデン・オペレッタ劇場を連想していたのですが、ものの見事に「ハズレ」になってしまいました weep

|

« 番外編 アレクサンダー・ジョエルの「意外な一面」 | Main | 乗ってみたい? ウィーンの「珍品タクシー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 番外編 アレクサンダー・ジョエルの「意外な一面」 | Main | 乗ってみたい? ウィーンの「珍品タクシー」 »