« リッチな巨大キャンピングカー | Main | ウィーンでも人気のキティちゃん »

March 02, 2009

森野由みさんの「ティータイムコンサート」開催

Img_0923_001

new 当ブログでもご紹介したことがあるウィーン在住のソプラノ歌手森野由みさんが、来月、一時帰国され、それに合わせて4月5日に東京で「ティータイムコンサート」を開催することになりました。森野さんから、コンサートの概要をお知らせいただいたので、当ブログでもご紹介いたします heart04

実は、森野由みさんは、今年2月にスロヴァキア国立コシツェ歌劇場で「マダム・バタフライ」のタイトルロールを務めています。ですから、プロモーター風にキャッチコピーを考えると、“あの、スロヴァキア国立コシツェ歌劇場でマダム・バタフライのタイトルロールを勤めた森野由み、緊急、凱旋公演決定”みたいな感じになるのでしょうかね(ご本人は、こういう大げさなのはお嫌いなようです coldsweats01 )。

Feriも当初はスロヴァキアまで行きたかったのですが、劇場側の都合で、出演予定日が直前までハッキリせず、今回は断念せざるを得ませんでした(何しろ、場所がスロヴァキアの東部ですから、日本から出かけるには、それなりの準備が必要ですからねぇ weep )。

余談ですが、スロヴァキア国立コシツェ歌劇場の来日公演が、3月下旬から予定されていたのですが、何と招へい元である日本のエージェントさんが倒産してしまったため、同カンパニーの来日も中止となってしまいました shock

さて、今回のコンサートですが、“ウィーンのホイリゲのような雰囲気を、日本の皆さまにも味わっていただきたい”との森野さんの意向もあり、肩の凝らない楽しい内容で企画されています。また、ドリンクなどもサービスされるようです。

4月上旬、通常ですと東京周辺は桜が花開く頃なので、「春」をテーマにした曲がエントリーされています。第一部は「春によせて」と題して、オーストリやドイツ、そして日本の「春の歌」が披露されるようです。第二部は「春ゆえに」と出して、ロベルト・シュトルツの「ワルツにゆれるふたつの心」など、春にまつわる曲が予定されています。

出演は森野由みさんで、ピアノ伴奏は志茂貴子さんが務めます。さて、会場は東京千駄ヶ谷にある財団法人二期会会館の第一スタジオです(開演15時)。

コンサートの趣旨に合わせて、ウィーンの cake お菓子や cafe wine お茶も振る舞われるようなので、皆さんも土曜の昼下がり、ウィーン情緒にひたってみてはいかがでしょうか。歌だけではなく、ウィーンにまつわる楽しいお話も聴けると思いますよ。という訳で、通常のチケットではなく、「会費」(3000円、全席自由席)という扱いになっています。このほか、非公式な情報ではありますが、ご来場の皆さまにプレゼントを準備されているというお話もあります(内容はヒミツ delicious )。

ところで、今回のコンサートでは、イープラス(株式会社エンタテインメントプラス)を通じてticket 入場券が販売されることになりました。発売は、3月3日からイープラスのサイト(このリンクで直接該当ページに飛ぶことができます)で行われます。また、詳しいご案内もイープラスのサイトに掲載されています。

当ブログをご覧の皆さまにぴったりの内容ですので、お時間のある方は、ぜひお越しください happy01

|

« リッチな巨大キャンピングカー | Main | ウィーンでも人気のキティちゃん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« リッチな巨大キャンピングカー | Main | ウィーンでも人気のキティちゃん »