« 速報 国立歌劇場2009/2010プログラム発表 | Main | 家具電車 現る »

April 04, 2009

コンビニはありませんが…

Img_0108_001

今日は「お店の話題」です。ご存知のようにオーストリアでは、一般の店舗は日曜、休日は営業していません。これは、教会関係者から強い反対が出ていることもあり、日本のように24時間、365日営業とはいかないようです。

それでも最近は、土曜日の営業時間が夕方まで延長されるようになり、以前よりは便利になりました。とは言っても、日本のようにコンビニエンスストアがないため、お勤めで帰宅が遅くなる方は、食料品などを買うことができないという問題は残ります。お一人で住んでいるビジネスパーソンの場合、週末にまとめ買いをする、平日の昼間にスーパーに寄って買い物をするといった方法しかありません

実際、昼間にスーツを着たビジネスパーソンがスーパーで買い物をしている光景を見かけることがあります(だから、オフィス街にもスーパーがあったりするのかもしれません)。

そんな中、意外なお店で食料品などが買えるのです。以前、当ブログでも鉄道の駅構内のスーパーは「旅行に必要な食料品や日用品を扱う」という特別条件付で、日曜の営業が認められているというお話を紹介しました。ÖBBの駅構内にあるOKAYA SHOPなどが、その代表でしょうね。ちょっとお値段は高いものの、ホテルのミニバーよりは安いので、Feriも時々、利用しています

Img_0107_001_2

さて、その他にも、実は便利なお店があるのです。そのお店とは、ガソリンスタンドです。もちろん、全てのガソリンスタンドではないのですが、一部は日本のコンビニエンスストア並みに食料品を扱っています。

自動車のドライバーさんが利用することが前提ですが、こちらではもちろん、 ビアや ワインなどのアルコール飲料も堂々と販売しています。しかも、ガソリンスタンドの場合、比較的遅くまで営業しているので、より便利だそうです。

ウィーン市内にお住まいの方の中にも、ミルクなどちょっとした 食料品を切らしてしまった場合、ガソリンスタンドまで行ってお買いになる人もいるとか… ウィーン市内では自動車を運転しないFeriにとっては、意外な盲点でした

Img_5585_01

そういえば、アウトバーン・ステーション(日本のサービスエリア)にあるレストランやガソリンスタンドにも、立派なショップが併設されていますね。こちらも、その性格上、年中無休のはずです

|

« 速報 国立歌劇場2009/2010プログラム発表 | Main | 家具電車 現る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 速報 国立歌劇場2009/2010プログラム発表 | Main | 家具電車 現る »