« この建物は… その正体は? | Main | 「桜の森(Kirschenhain)祭り」開催 »

April 22, 2009

ウィーンで見つけた鯉のぼり

Img_2420_001

今日は「鯉のぼりにまつわるお話」です。

日本でも、そろそろ鯉のぼりの季節になりましたね。Feriが子供の頃は、父親が好き者だったので、わざわざ庭に高いポールを立てて、そこに鯉のぼりを上げていました。もちろん、Feriの家だけではなく、庭付きの家が多かったので、男の子のいる家庭では同じように鯉のぼりを上げていたところが多かったと記憶しています。

しかし、最近では、集合住宅が多くなったこともあり(日本の都市部では、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は集合住宅が多いですからねぇ)、大きな鯉のぼりは見かけなくなりました。ちょっと残念ですね

さて、前置きが長くなりましたが、そんな鯉のぼりを、何とウィーン市内で見つけたのですよ

路面電車の5系統に乗って市内を移動中、ふと窓の外を見ると、鯉のぼりが見えるではありませんか。いゃー、ビックリしましたねぇ

一瞬、目を疑いました(Feriは、最近、本当に目が悪くなっているものですから )。あいにく、この時は先を急いでいたため、「途中下車」をして本格的な「調査」はできませんでした。どうやら普通の家ではなく、カフェの豆や紅茶の葉、喫茶用具などを販売しているお店のようでした。日本の方が経営しているのか、それともオーストリアの方が経営しているのか、非常に興味がありますね

Img_3228_001

仮にオーストリアの方が経営していた場合、いったいどのような経緯で鯉のぼりを上げることになったのでしょうか。いずれにしても、不思議な光景で、一瞬目が点になってしまいました。

さて、下の写真は、日本国内で見かけた鯉のぼりですが、企業が準備したものなので、立派なものでした。

|

« この建物は… その正体は? | Main | 「桜の森(Kirschenhain)祭り」開催 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« この建物は… その正体は? | Main | 「桜の森(Kirschenhain)祭り」開催 »