« 昔々の路面電車ものがたり | Main | 番外編 森野由みさんのコンサート(神戸編) »

April 19, 2009

ユニテルがメルビッシュ・シリーズを国内販売中

Dlvc1197_l

今日は、「オペレッタの映像ソフトに関する話題」です。

日本では数少ないオペレッタものの映像ソフト( DVD)を販売しているユニテルですが、本格的にメルビッシュ・シリーズの国内発売に乗り出したようです。

現在、発売されているのは「伯爵令嬢マリッツア」(2004年上演版)、「こうもり」(1969年上演版)、「白馬亭にて」(2008年上演版)、「チャールダーシュの女王」(2002年上演版)、「小鳥売り」(1998年上演版)、「乞食学生」(1995年上演版)の4作品です。

いずれも現地オーストリアで販売されているORF制作のものですが、さすがユニテルさん、ちゃんと「日本語字幕入り」となっています。オペレッタの場合、お芝居も重要なので、映像ソフトでは日本語字幕入りだと楽しさが倍増しますね。また、同社のWebサイトでは、一部を視聴できるようになっています。

この中で、興味深いのは1990年代の3本でしょうね。この時代は結構、よい歌手が出ていましたので、見応えがあります

出演者リストを見てみたら、「乞食学生」のラウラ・ノヴァルスカ伯爵令嬢役と、「小鳥売り」の大公妃マリー役に、マルティナ・セラフィンさんが出ていました。

Dlvc1198_s

また、「こうもり」のオルロフスキー公爵役は、カウンター・テナーのアルトゥール・シュテファノヴィチが出演しています。

お値段が1本6600円(税別)というのが、ちょっとつらいですが、日本語字幕入りの貴重なオペレッタDVDなだけに、食指が動きそうです

何しろ、この手のDVDは買う人がある程度出てこないと、続編が販売されない可能性があるのが、悩みの種ですね。
同社のWebサイトは以下のアドレスです。クリックでオペレッタの紹介ページに飛ぶようにしておきました。

http://www.dreamlife.co.jp/products/productList.php?gen=2

|

« 昔々の路面電車ものがたり | Main | 番外編 森野由みさんのコンサート(神戸編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 昔々の路面電車ものがたり | Main | 番外編 森野由みさんのコンサート(神戸編) »