« コンビニはありませんが… | Main | ウィーンではあまり見かけない「カーネルおじさん」 »

April 05, 2009

家具電車 現る

Img_2272_001

今日は「ラッピング電車の話題」です。

最近、ウィーンでも、ラッピング電車やバスが増えてきました。以前の広告は、車体の下半分など比較的おとなしいものだったのですが、最近では窓も含む車体全体を、広告を印刷したフィルムで覆うスタイルが増えているようです

先日、バーデンからウィーンへ戻る際、ウィンナー・ローカルバーン(Wiener Lokalbahnen)を利用したのですが、ヨーゼフプラッツ駅(Baden Josefsplatz)で待っていると写真のような電車がやってきました

さすがに正面は、オリジナルのままですが、側面は全面広告になっています。それもかなり細かい広告です。どうも様々な家具や衣類などの収納状況がデザインされているようです。広告の方が実物よりも大きそうですね。また、このように衣類などの収納状況を「静止画」で広告にするというのは、日本では余り見かけません。

さて、この広告のスポンサーですが、ご存知、日本にも進出している家具を中心としたインテリアの大手メーカーIKEAのものです。まぁ、「IKEAの家具を使えば、このようにきれいに整理できますよ」といったメッセージなのでしょう

Img_2270_001

ところで、ウィンナー・ローカルバーンの沿線には、IKEAの巨大な店舗があります(SCS:Shopping City Südという巨大なショッピング・タウン内にあります。ここのお話もいずれご紹介しましょうね。ここも実は「話題の宝庫」なようです)。そのため、この広告電車の登場となったのでしょう。

ちなみにご存知の方も多いと思いますが、全面広告には、実は細かいドットが入っているため、S窓から表の確認もできるようになっています。もちろん、視界は余りよくありませんが…

Feri個人としては、余り好きなデザインではありませんが、今後も運賃以外の収入を確保するため、この手の全面広告電車が増えてくるでしょうね

|

« コンビニはありませんが… | Main | ウィーンではあまり見かけない「カーネルおじさん」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« コンビニはありませんが… | Main | ウィーンではあまり見かけない「カーネルおじさん」 »