« 家具電車 現る | Main | アン・ディア・ウィーン劇場にグルベローヴァ登場(予定) »

April 06, 2009

ウィーンではあまり見かけない「カーネルおじさん」

Img_2489_002

今日は「 ファーストフードのお話」です。

元々、ウィーンのファーストフードと言えば、ブルストと相場が決まっていましたが、最近では、トルコの皆さんが増えたこともあってケバブが、俄然、勢力を伸ばしてきました。アメリカ資本も負けてはいません。

ご存知、 マクドナルドはウィーンのみならず、オーストリア各地に出店しています。が、意外と見かけないのは「カーネルおじさんの人形」で有名なケンタッキーフライドチキンです

ウィーンというか、オーストリアの皆さんも結構、チキンはお好きですから、なぜ出店しないのかと疑問に思っていたところ、某チェーン店が、ケンタッキーフライドチキンの出店をブロックしていた…といううわさ話を聞きました。まぁ、それほど影響力があるとは思えませんが、出店する側がマーケティングリサーチを行い、ある程度、市場を押さえているチェーンがあると、二の足を踏むケースはあるでしょうね

さて、その「噂のお店」とは、ウィーン市内やオーストリアでは比較的良く見かけるチキン料理のチェーンレストラン「Wienerwald」(直訳すると「ウィーンの森」ですね。しかし、「ウィーンの森」が、なぜチキン料理のレストラン名なのかは、よくわかりません)です。Feriも、昔はよく利用していたのですが、日本のファミリーレストランのような雰囲気のお店ですね(店内の造りも含めて )。

面白いのは、Wienerwaldでは、いわゆるウィンナシュニッツェルも「ウィンナヴァルトシュニッツェル」という名称になっています。

何が違うか…。そう、お肉が豚肉や牛肉ではなく、鶏肉なのですよ(まぁ、お店のコンセプトから考えると当然ですが、最初に食べたときはビックリしました)。鶏肉ですから、比較的あっさりはしていますね。

また、以前、クリスマスの晩など、普通のレストランが休業している時でも、なぜかWienerwaldだけは営業しており、助かった記憶があります。最近は、ご無沙汰なのでよくわかりませんが、何か面白いメニューでも出ていませんかね。

なお、ケンタッキーフライドチキンですが、現在では、オーストリアにも出店を開始しており、今のところ、ウィーンではMariahilferstraße、Millenium City、Donauplex(映画館の中)の3店舗、グラーツ1店舗(Jakominiplatz)の合計4店舗が営業しているようです。やはり、店舗数が少ないところを見ると、たいへんなのかもしれませんね。

ちなみにオーストリアのKFCのWebサイトはこちらです。どうしてもKFCのチキンを召し上がりたい方は、Webサイトから店舗を検索して、お出かけください。きっと、ウィーンでも「カーネルおじさん」が温かく迎えてくれることでしょう

|

« 家具電車 現る | Main | アン・ディア・ウィーン劇場にグルベローヴァ登場(予定) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 家具電車 現る | Main | アン・ディア・ウィーン劇場にグルベローヴァ登場(予定) »