« U2にも新型車両Vタイプが走るようになりました | Main | 評判はいかが? 缶コーヒー »

April 01, 2009

オタークリンガーの工場を訪ねて

Img_2473_001

4月最初は「 ビアにまつわる話題」です。先日、当ブログで路面電車1系統と2系統の終点についてご紹介しました。

その際、2系統の終点オタークリンクに関して、“ビール会社のオタークリンガーの工場が、その付近にあるのですか”というご質問をいただきましたので、先日、偵察に出かけてきました 。という訳で、今日は「 オタークリンガー工場周辺レポート」です。

まず、工場の場所ですが、U3の終点よりも、かなり中心部寄りにあります。具体的には、2系統と9系統、44系統が交差するJohann-Nepomuk-Berger-Platzという停留所の近くにあります(16区です)。

お天気が良ければ、U3のオタークリンクからブラブラ歩いても面白いですよ(Feriは街ブラが好きなので、この日は歩きました )。

2系統のルートを歩きながら中心部に戻ると、進行方向右側にオタークリンクの工場が見えてきます。ただ、こちら側は正門ではなく、裏門になるようです。

Img_2464_001

オタークリンガーシュトラーセ沿いには立派なショップができていました(左の写真です)。ガラスを多用しているところから、比較的新しい施設のようです。

基本的には売店機能中心のようで、自社製のビアや関連グッズ(ファンが喜びそうです。いわゆるビアレストランやビアガルテンなどで使っているジョッキやグラスもあります )、他社製ソフトドリンクなどを販売していました。一応、ビアカウンターもありましたが、Feriが訪問した日は、平日に午前中だったので、さすがにショップで飲んでいる人はいませんでした(右下の写真が店内の模様 )。

Img_2482_001_2

ただ、お買い物に来ている人(もしかしたら飲食店の関係者かもしれませんが)は、結構、いましたね。持ち帰るものが重いので、当然、皆さま 自動車でやってきます。

そこで、裏手にはショップ利用者向けの 駐車場も設けられていました(駐車場側からもショップに入ることができます)。当初、直営のビアレストランがあると思っていただけに残念です

オタークリンガーシュトラーセをさらに中心部側に向かうと、オタークリンガー社の建物に「BRAUHAUS」という大きな看板が掛かった扉が見えてきました。もしかしたら、ここがビアレストラン なのでしょうかね。あいにく鉄の扉が閉まっていたので、現在も営業しているのかどうかはわかりませんでしたが、雰囲気としては閉鎖されているような感じがしましたね。

Img_2468_001

さて、工場の正門は、さらに中心部寄りに行ったところにありました。ちょうど、9系統の停留所前にありました(最初の写真が停留所の向かいです。ただし、奥に見えるのはオタークリンガーの会社とは全く関係ない建物です)。

ビア工場特有の排気塔が見え、ビアを発酵しているときに出る甘酸っぱい香りが漂っています。その昔、恵比寿にビア工場が合った頃、こんな香りを嗅いだような記憶がよみがえってきました。

食品工場ですから、正面ゲートにはセキュリティチェックもあり、一般のお客さまは中に入ることはできません。正門に向かって右側が製品の貯蔵施設、左側が工場施設というレイアウトでした。ウィーン市内の割には大規模な工場という印象を受けましたね。

隣接して、商品を搬出するための駐車場などもあるようです。また、大型スーパーマーケットも隣接していたようですが、現在は、こちらは閉鎖されていました。なお、工場の付近には一般の住宅(もちろん集合住宅ですが)が多く、いわゆる工業団地といった趣ではありません。

Img_2471_001

日本では、最近、ビア工場の 見学ができるところが増えていますが、オタークリンガーの場合は、どうなのでしょうね。少なくとも、積極的に公開しているような雰囲気はありませんでした。もしかしたら、団体で予約でもすれば、見せてくれるのかもしれません。

Img_2476_001

しかし、ウィーンの中心部から、路面電車で30分ほどの場所にビア工場があり、ここで製造されたビアがウィーン市内で消費されているところが、いいですねぇ。本当は、郊外の広い土地に新しい工場を造ったが、生産効率が上がるのかもしれませんが、「発祥の地」でしっかり造っているところが気に入ってしまいました

それにしても、工場で「できたて生」のビアを飲みたかった

|

« U2にも新型車両Vタイプが走るようになりました | Main | 評判はいかが? 缶コーヒー »

Comments

家人が「 オタークリンガー」が大好きで、
ウィーン滞在中は毎日愛飲しています
街中で 「オタークリンガー」の運搬車を見かけた時は
写真に撮っていたくらいです
「できたて生」が飲めないのは残念ですね・・・
でも機会があれば、是非足を運びたいと思います

Posted by: necchi | April 03, 2009 23:51

Feri さま
necchi さま、

工場見学(ビールの試飲付き)できますよ?!
グループ10名からですが、個人の場合は、他のグループが予約が入ったら、それに紛れ込む事ができます。

手配するなら、ビジネスとしてやりますけど
実は自分も行きたかったりして f(^^;)

Posted by: はっぱ | April 04, 2009 06:20

はっぱさま、こんにちは。おそらくそんなことだろうなぁ…と思っておりました。

necchi さま、もっとも工場は見学できなくてもShopで「できたて生」 を飲むことができそうなので、時間を改めて行ってみたいと思っています。

しかし、ウィーンの場合、工場が市内にあるわけですから、事実上、市内のレストランなどでも「できたて生」を味わえますね

Posted by: feri | April 04, 2009 06:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« U2にも新型車両Vタイプが走るようになりました | Main | 評判はいかが? 缶コーヒー »