« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

May 31, 2009

エスターハージィ城のハイドン・コンサート

Img_4551_001

5月最後は今日が命日の「ハイドンにまつわる話題」をお届けしましょう。今年は「ハイドンイヤー」と言うことで、ハイドンの地元アイゼンシュタットでは、様々なコンサートが企画されています。

5月31日はハイドンの命日に当たるため、29日から1日にかけて、「HAYDN GEDENK TAGE」と題されたコンサート・チクルスが、エスターハージィ城で行われました。

平素は遠征をしないFeriですが、たまたま「30日のチケットがあるので、一緒にいかがですか」というお誘いを受けたので、出かけることにしました heart04

指揮はPaul Goodwin、演奏はAcademy of Ancient Musicが担当しました。通常のオーケストラ編成ではなく、当時を彷彿させる古典楽器を使用した演奏でした。

当日のプログラムですが、ハイドンの交響曲30番・49番・26番・44番で、「POSITIV UND HOFFNUNGSVOLL」(ポジティブで希望に満ちて)というタイトルがついています。

Continue reading "エスターハージィ城のハイドン・コンサート"

| | Comments (4)

May 30, 2009

シャルロット役でガランチャが登場、「ウェルテル」

Img_4247_001

今日は、久しぶりに「オペラの話題」をお伝えしましょう。

2008/2009シーズンも、そろそろ終わりですが、5月24日からシャルロット役でガランチャが登場する「ウェルテル」が国立歌劇場で上演されています。

ガランチャ・ファンの皆さまから「お勧めの作品」と聴いていたので、見てきました。

現在の演出になってから30回ほどなので、いわゆる「今風の演出」です。

当日の指揮がBertrand de Billy、ウェルテル役がRamón Vargas、アルベール役がMarkus Eiche、シャルロット役がElina Garanca、ソフィー役がJane Archibald、Schmidt役がBenedikt Kobel、Johann役がClemens Unterreinerという面々でした。上演時間は2時間45分で、途中休憩が2回入るという演出です(第一幕後、第二幕後、第三幕と四幕は暗転)。

Continue reading "シャルロット役でガランチャが登場、「ウェルテル」"

| | Comments (9)

May 29, 2009

国立歌劇場のパブリックビューイングがスタート

Img_4243_001

今日は、「国立歌劇場の話題」です。

かねてから計画されていた国立歌劇場のパブリックビューイング(正式名称はOPER LIVE AM PLATZ)が5月24日の「ウェルテル」からスタートしました。すでに、公立か劇場のWebサイトにも「大々的に」紹介されているので、ご存じの方も多いと思います。本来は、2008/2009シーズン当初から予定されていたようですが、ウィーン市側との調整がつかず、実施が遅れたとか… coldsweats01

スクリーンは、オペラショップ・アルカディアがあるアーケードの上にLED方式のものが設置(LEDのドットで画像を構成するタイプです)されており、実際に、当日上演されているオペラをリアルタイムで中継するシステムです。

当初、カラヤン広場に設置されるという情報だったので、リンクに近い方(ホテル・ブリストルの向かいあたり)に設置されるのかと思っていましたが、さすがに宿泊のお客さまに迷惑がかかるためか、ケルントナーシュトラーセ側に移動したのでしょう bearing 。考えて見ると、オペラ好きのお客さま以外には、迷惑そのものですからねぇ。

Continue reading "国立歌劇場のパブリックビューイングがスタート"

| | Comments (2)

May 28, 2009

ブルゲンラントのPRイベント<写真追加>

Img_4229_001

ウィーンでは、時々、地域を紹介する観光イベントが開催されますが、今日は、その一つをご紹介しましょう。

5月25日から27日までの三日間、旧市街のアム・ホーフ広場でブルゲンラントの wine ワインをPRするイベントが行われました。この手のフェストに目がないFeriは、なぜか、雰囲気でわかるのですよね。

ブルゲンラントにある街やワイン醸造所がブースを出して、ワインや軽食などを提供していました。さながらワイン・フェストの趣です。以前、当ブログでもご紹介したDeutschkreutzのVINATRIUMや、オペレッタ・フェスティバルで有名なメルビッシュもブースを出していました。ワインのお値段は、様々でしたが、1/8リットルで2ユーロ前後が多かったようです。また、ワイングラスは2ユーロのデポジット制でした coldsweats01

Continue reading "ブルゲンラントのPRイベント<写真追加>"

| | Comments (0)

「初夏の嵐」襲来

Img_4164_001

本来、この時期、季候の良い時期なのですが、5月26日、ドイツおよびオーストリア西部に thunder 寒冷前線が通過し、大荒れの天気となりました。

オーバーエスターライヒ州などでは、突風による被害(木の倒壊による自動車破損、住宅の屋根破損など)も出たようで、こちらのテレビニュースでも大々的に被害を報じていました。

ウィーンでは影響がなかったようですが、これも「異常気象」なのでしょうかね。

| | Comments (0)

May 27, 2009

オーストリアにもあった「総合住宅展示場」

Img_3472_001

Feriは、日本では、仕事の関係でハウスメーカーの方とお付き合いがあります。日本では、○○ハウスや○○ホームといった全国展開するハウスメーカーが住宅業界に進出するようになってから、「総合住宅展示場」に出展し、そこを拠点に営業活動をするスタイルが一般的になりました(今流に言えば、ビジネスモデルですね)。

ご年配の方はご存知のように、ハウスメーカーができる前は、家を建てる場合は、普通、近所で評判の良い近くの大工さんや工務店さんにお願いをしていました(いわゆる「口コミ」です)。だから、いわゆる営業担当者というものも存在しませんでした。

Continue reading "オーストリアにもあった「総合住宅展示場」"

| | Comments (0)

May 26, 2009

ウィーンのアーケードゲーム

Img_3479_001

今日はショッピングセンターなどで見かける「アーケードゲームのお話」です。

日本のアーケードゲームの定番アイテムに「クレーンゲーム」がありますね(UFOキャッチャーというニックネームがついているマシンもあります)。

透明なガラスやプラスチックの箱の中に景品が入っており、天井にクレーンが付いています。コインを入れて、ボタンやジョイスティック操作でクレーンを操作して、ぬいぐるみなどの景品をつり上げるというものです。Feriは、やりませんが景品を吊り上げるのは難しいようですね。
また、最近では、「クレーンゲーム限定のぬいぐるみ」などが景品に加わり、コレクターの人気を集めているようです happy01

Continue reading "ウィーンのアーケードゲーム"

| | Comments (0)

May 25, 2009

ウィーン市電の「ドクター・イエロー」

Img_3826_001

今日は「鉄道の話題」をお届けしましょう。

鉄道を安全に運行するためには、線路のメンテナンスが重要になってきます。昔は、線路の点検は人が行っていたのですが、最近では効率的に線路の点検を行うために軌道検測車という専用の車両を使って点検を行うようになってきました。日本でもJRはもちろん、一部の私鉄には軌道検測車が使われています。

ただし、通常は列車の運行が終わった深夜に走ることも多く、普通のお客さまが目にすることは少ないようです。この中で比較的有名なのが bullettrain 新幹線で使われている通称「ドクター・イエロー」でしょうか。こちらは、軌道の点検だけではなく、信号や通信、架線の状況などを営業列車と同じ速度で走行しながらチェックできる「優れもの」です。

Continue reading "ウィーン市電の「ドクター・イエロー」"

| | Comments (2)

カンヌ国際映画祭でオーストリア人監督が最高賞

2009_05_24

new 第62回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールに、オーストリア人のミヒャエル・ハネケ監督作品「白いリボン」(原題:Das weiße Band)が選ばれました。

「白いリボン」は、第1次大戦前夜、ドイツのプロテスタントの村で起こる不穏なできごとを描いた白黒作品だそうです。 movie 地元、オーストリアでは盛り上がっているのでしょうかね heart04

ちなみに日本では、菊地凛子さん主演の「マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トウキョウ」(スペイン映画です)の動向が注目されていましたが、音響技術を担当したアイトール・ベレンゲルさんが技術賞を受賞したそうです。

| | Comments (0)

May 24, 2009

鍵付きのゴミ箱

Img_3808_001

今日は「ゴミ箱のお話」です。

ウィーンの街では、通常、店舗やオフィスなどの場合、ゴミの収集は大きなゴミ箱を指定日にステーションに出しておくと、収集車が回ってきて中身だけを回収する仕組みになっているようです(一般家庭では共用の大きなゴミ箱を使っているケースもあるようです)。

日本のように「ゴミ袋」に入れて出すのではなく、「ゴミ箱」で出すというのが特徴ですね confident

Continue reading "鍵付きのゴミ箱"

| | Comments (0)

May 23, 2009

街頭でポスター貼り職人さんの「技」を拝見

Img_3629_001

ウィーンの街を歩いていると、色々な職人さんの仕事ぶりを目にする機会があります。今日は、その中から「ポスター貼りの職人さんにまつわる話題」をお届けしましょう。

ウィーンでは、街頭のボードに大きな宣伝用ポスター(ポスターと行っても、かなり大きなADボードですが)を出ているのをよく見かけます。商品のPRなどは、定期的に貼り替えているようで、当ブログでも時々お知らせしているように時々面白いものを目にします。

さて、先日、このポスターを貼り替える作業を目撃しました。それが、すごく手際が良く、作業スタイルが洗練されているのですよ happy01

Continue reading "街頭でポスター貼り職人さんの「技」を拝見"

| | Comments (0)

May 22, 2009

おりる方がちょっと…

Img_3486_001

今日は、日常お世話になる乗り物、「エレベーターのお話」です。

日本には色々な形のエレベーターがありますが、オーストリアでもちょっと変わったエレベーターを見つけました。

先日来、ウィーン郊外にある大規模ショッピングセンター「Shopping City Süd」でのお話が多いのですが、今日も「Shopping City Süd」で見つけたエレベーターです。

写真をご覧になるとおわかりのように、「階段状」ではなく、「動く歩道」のように乗る場所がフラットになっているタイプです。当然、2階に上がるわけですから、フラットとは言え、傾斜していることになります coldsweats01

Continue reading "おりる方がちょっと…"

| | Comments (4)

May 21, 2009

お茶目なイタズラ

Img_3599_001

今日は「イタズラにまつわるお話」です。

イタズラで思い出すのは、残念なことですが、ウィーンの街を歩いていると、建物や壁などに「いたずら書き」が描かれているところを数多く見かけるようになったことです pout 。旧市街の建物もやられていますね。

昔は、ほとんど見かけなかっただけに残念です weep 。ちなみに、東欧の「いたずら書き」はかなりひどく、ハンガリーの首都ブダペストにある「くさり橋」などは、遠くから見るときれいなのですが、橋を渡ってみると「いたずら書き」だらけでビックリしたこともあります。

また、昔はほとんど「いたずら書き」がなかったドイツも、東西が一緒になってからは、「いたずら書き」が増えたように感じます。実際、ミュンヘンやフランクフルトのSバーンの車内にまで「いたずら書き」があるのには、驚きました。

Continue reading "お茶目なイタズラ"

| | Comments (0)

May 20, 2009

いずこも同じ 人手不足

Img_4030_001

今日は、ウィーンでも問題になっている「人手不足にまつわる話題」です。

日本でも一時話題になってたテーマに「団塊世代の大量退職」(2009年問題と行っていた時期がありました)があります。

ベテランの社員が大量に退職する時期を迎えて、ベテランの労働力が不足するという問題です。その後、景気の後退などにより、以前ほどは騒がれませんが、業務スキルが要求される仕事の場合、入ってすぐに戦力になる訳ではありませんから、深刻な事態には変わりありません。

さて、オーストリアではどうでしょうか。実は、先日、新聞に「ウィーン市交通局のバス運転手が不足しており、今後、バスの通常運行に支障が出る可能性がある」といった趣旨の記事が出ていました bus

Continue reading "いずこも同じ 人手不足"

| | Comments (0)

May 19, 2009

番外編 日本の「シュパーゲル」

2009_05_17

当ブログは、オーストリアにお住まいの日本人の皆さまもご覧いただいているようです。本当にありがとうございます。

という訳で、新型インフルエンザが広がりつつつつある日本から、番外編をお届けしましょう。
恐らくウィーンあたりでは、そろそろシュパーゲルは「終わり」になっていると思います。来年まで「お預け」ですね。

さて、先日、Feriの自宅に某社から mailto DMが届きました。その中に産地直送の農産物・畜産品・魚介類を扱ったコーナーがあったのですが、その中に「ホワイトアスパラ」の広告を見つけました eye

Continue reading "番外編 日本の「シュパーゲル」"

| | Comments (5)

May 18, 2009

ウィーンでも活躍するガチャガチャ

Img_3490_001

今日は日本でもよく見かけるおもちゃの自動販売機、「通称ガチャガチャの話題」です。

日本のショッピングセンターやスーパーに行くと、その時々ではやりのキャラクターグッズをプラスチック製のカプセルに入れた「ガチャガチャ」が並んでいますね。結構、小学生くらいのお子さんが、利用しているのを目にします。

さて、先日、ウィーン郊外にある大規模ショッピングセンター「Shopping City Süd」でマッサージチェアを見つけた話題をお届けしましたが、同ショッピングセンターにもガチャガチャが設置されていました。まぁ、ご家族そろって来店する場所ですから、子供さんを狙った商売を考えるのは、誰でも一緒ですね happy01

Continue reading "ウィーンでも活躍するガチャガチャ"

| | Comments (0)

May 17, 2009

歩行者用信号の謎

Img_3521_001

今日は、「 signaler 道路の信号機にまつわるお話」です。

オーストリアでは、ウィーンも含めて、意外と道路に信号機のないところが多いですね。特にウィーンの旧市街など、ほとんど信号機は設置されていません。よくあれで事故が起こらないのか、不思議なくらいです confident

日本でしたら、我先に突っ込んで、しょっちゅう衝突事故や接触事故が起こっていそうな機がします。
しかし、ウィーン市内でも、さすがに幹線道路には信号機が設置されています。自動車用の信号もありますが、道路を横断する歩行者用の信号ももちろん設置されています。

さて、本題に入りましょう happy01 。以前から疑問に思っていることが、歩行者用信号機の「青(実際の色は緑ですが)の時間」が非常に短いということです。

Continue reading "歩行者用信号の謎"

| | Comments (7)

May 16, 2009

カフェが○○○○○○に…

Img_3445_001


今日は、「旧市街のお店に関するお話」です。

Feriはウィーン在住」と思っている方が多いようで、本人としては大変ありがたいのですが、実は、「一応」、ベースは日本の某所です coldsweats01

最近、ウィーンへ出向いてケルントナーシュトラーセやグラーベンを歩いていると、本当に短い期間でお店が変わっているという現象に出くわすようになりました。

今まで、どちらかというとケルントナーシュトラーセやグラーベンのお店は、いわゆる代々やっている「老舗」が多く、数年間、ほとんど変化なし…という状況でした。個人的には、こういった「変化のないところが好き」だったのですが、最近では、「あれ、こんな店になってしまった」というケースが増えてきました。

Continue reading "カフェが○○○○○○に…"

| | Comments (8)

May 15, 2009

この時期、賑わう「花」の街頭販売

Img_3658_001

今、ウィーンは本当に過ごしやすい「良い季節」ですね heart04

さて、今日は、この時期、一斉に bud 花が咲くウィーンならではの話題をお届けしましょう。

ご存知の方も多いと思いますが、ウィーンで販売されている花の多くは、「輸入品」だそうです。確かに、冬の寒い時期は、地中海方面から切り花を輸入した方が、コストが安いかもしれませんね。

しかし、この時期になると、地元で栽培された花が販売されるようになります。上の写真はショッテントーアの地下(路面電車乗り場)で見つけたスズランの街頭販売です。

Continue reading "この時期、賑わう「花」の街頭販売"

| | Comments (0)

May 14, 2009

車内での飲食は…

Img_4031_001

今日は、「公共交通機関内のマナーに関するお話」です。

日本でも、最近、電車内のマナーについて色々な議論がありますが、ここウィーンで最近、問題になっているのは、「電車内の食事は許されるのか」ということです。

もちろん、長距離列車ではありません。市内を走る路面電車や地下鉄の車内でのお話です coldsweats01

ウィーンを訪問して、路面電車や地下鉄に乗ると、確かにピザやケバブー、 fastfood ハンバーガーなどを食べている人を沢山見かけます。こちらでは、街頭の屋台で売っているテイクアウトのピザも結構な大きさですから、他のお客さまの迷惑にならないのかと心配になります。

Continue reading "車内での飲食は…"

| | Comments (0)

May 13, 2009

フォルクスオーパーの「ホフマン物語」

Img_3578_001

今日は「オペラの話題」をお伝えしましょう。

フォルクスオーパーで上演しているオペラの中から「ホフマン物語」の模様をお伝えしましょう。

ご存じのようにジャック・オッフェンバック作曲によるオペラですが、一人の作曲家がオペラとオペレッタの両方を手がけているというのは珍しいですね。

よく、同じ作曲家のオペラを聴くと、何となく曲調が似ていて、“○○らしいねぇ”と感じることがあります。ところが、同じオッフェンバック作曲でも、この「ホフマン物語」とオペレッタの「地獄のオルフェウス」では、全く曲調が違い、まるで別の作曲家の作品のように感じます。オッフェンバックは多彩な方なのですね confident

Continue reading "フォルクスオーパーの「ホフマン物語」"

| | Comments (0)

May 12, 2009

一方通行の方向が…

Img_3966_001

今日は「道路交通にまつわるお話」です。

ウィーンに行かれた方はご存じかと思いますが、ウィーンは本当に一方通行の通りが多いですね(もちろん、 car 自動車が対象ですが)。そのため、Feriもウィーン市内では自動車の運転はできません。というのは、一方通行が多いと、なかなか目的地へたどり着けないからです…もっともナビゲーターが乗っていれば別ですが confident

さて、先日、旧市街でよく通る一方通行に指定されている「ある通りの異変」に気づきした。

Continue reading "一方通行の方向が…"

| | Comments (0)

May 11, 2009

2010年のメルビッシュは「ロシアの皇太子」

Img_4033_001

2009年公演の準備とPRが着々と進むメルビッシュ・フェスティバルですが、早くも2010年のプログラムが発表されました。

2010年は、レハールのオペレッタ「ロシアの皇太子」に決まりました heart04 。このまま、ミュージカル路線に転換してしまうのではないかと心配していましたが、まずは、正統派オペレッタに戻ってくれたので、一安心です。

Continue reading "2010年のメルビッシュは「ロシアの皇太子」"

| | Comments (0)

May 10, 2009

オーストリアの新聞で取り上げられた「日本にあるキリストの墓」

Img_4028_001

今日は、「母の日」ですね heart 。日本では、カーネーションのお花を贈るのが一般的ですが、オーストリアでは、色々なプレゼントの形があるようです。

今日は、「母の日」とは関係ありませんが、「ウィーンの新聞で取り上げられた話題」をお伝えしましょう。

ちょっと旧聞に属しますが、イースターに関連して、4月12日付けのRPESSE紙に「日本にあるキリストの墓」が「大々的に」取り上げられていました coldsweats01

日本にお住まいの皆さんは、歴史ミステリー関連の tv テレビ番組で、何回か取り上げられているのでご存知かと思います。

「キリストの墓」は、十和田湖の東に位置する青森県三戸郡新郷村戸来(へらい)にあります。村の中心部から少し離れた沢口地区の雑木林に囲まれた小高い丘に2つの白い十字架が立っており、向かって右側の「十来塚(とうらいづか)」がキリストの墓、左の「十代墓(じゅうだいぼ)」がキリストの弟イスキリの墓とされています。

ちなみにFeriは行ったことはないのですが、新郷村のWebサイトには、以下のように紹介さえています(アンダーラインの文章が引用です)。

Continue reading "オーストリアの新聞で取り上げられた「日本にあるキリストの墓」"

| | Comments (0)

May 09, 2009

ウィーンにもあったマッサージチェア

Img_3483_001

日本ではゴールデンウィークも終わり、「家族サービス」(オーストリアの皆さまにはわからないでしょうが… coldsweats01 )でお疲れのお父様も多いのでは…

というわけで、今日は、お疲れの皆様ご愛用の「マッサージチェアにまつわるお話」です。
日本でもホテルやスパなどに「有料のマッサージチェア」が設置されているところがありますが、なんとウィーンで見つけてしまいました happy02

Continue reading "ウィーンにもあったマッサージチェア"

| | Comments (2)

May 08, 2009

ルドルフ・ビーブルさんの80歳誕生日記念オペレッタ

Img_3572_001

今日は、「おめでたいお話」です heart02

「ミスター・オペレッタ」とも呼ばれるプロフェッサー・ルドルフ・ビーブルさんが、今年80歳を迎えます。
何と、そのお誕生日を記念して、本日5月8日に「記念オペレッタ」がフォルクスオーパーで上演されることになりました(この日が、ご本人の誕生日だそうです heart04 )。

日本時間の朝、更新でこの話題を出しているということは… そう、Feriは日本です crying

実は、Feriは直前まで、この情報を知らず、結局スケジュール調整が付きませんでした。あー、残念無念 weep 。こういった重要な情報は早く教えてください(もっとも、地球の裏側から来るFeriのために上演している訳ではないので、無理なお願いですが… coldsweats01 )。

Continue reading "ルドルフ・ビーブルさんの80歳誕生日記念オペレッタ"

| | Comments (6)

May 07, 2009

こちらの「フィデリオ」拝見

Img_3785_001

今日は国立歌劇場の「オペラの話題」です。

昨年の来日公演で上演されたベートーベンのオペラ「フィデリオ」を一度、ウィーンで観てみたいと思っていました。

たまたまスケジュールが合ったので、先日、観ることができました。すでに200回を超える上演回数を誇る「定番オペラ」ですが、オットー・シェンク演出なので、安心して見ることができます(要するに古い演出 heart04 )。

Continue reading "こちらの「フィデリオ」拝見"

| | Comments (0)

May 06, 2009

行き先が見やすくなります 路面電車の行き先表示を改造中

Img_3567_001

今日は「路面電車にまつわるお話」です。

ウィーンでも同じ線路上を複数の系統が走っているので、乗り間違えを防止するために系統番号や行き先表示は不可欠です happy01

昔は、番号や行き先が書かれた板(系統板とも呼ばれていました)が掲げられていましたが、その後、方向幕方式に移行しました。方向幕は「行灯式」(あんどん式)とも呼ばれ、内側から電灯で照らされているため、夜間でも見やすいのが特徴です。

それが、ULFなどの最新車両ではLED(発光ダイオード)方式に変わってきました。

Continue reading "行き先が見やすくなります 路面電車の行き先表示を改造中"

| | Comments (2)

May 05, 2009

期間限定のシュパーゲルをいただきました

Img_3638_001

毎年、この時期だけに登場する「野菜の王様」シュパーゲルの話題をお届けしましょう。

最近は、温暖化の影響か、若干シュパーゲルが出てくるのが早くなっているとか…

Feriは今年もシュパーゲルを某レストランでいただきました。実は、シュパーゲルのお料理ですが、 restaurant レストランによって「当たり外れ」があります。

おおむね、茹で方に問題があるようですが、幸い、今年は昨年、ウィーン在住の方に教えてもらったレストランで定番の「ホランドディッシュ」をいただきました。太いシュパーゲルが3本。なかなか美味でしたね。

Continue reading "期間限定のシュパーゲルをいただきました"

| | Comments (4)

May 04, 2009

フォルクスオーパーの「Guys and Dolls」

Img_3670_001

リアルタイムで更新していながら、なぜか出ない音楽の話題 wink
お待たせしました。久しぶりに「フォルクスオーパーの鑑賞記」をお届けしましょう。

今日は「話題の新作ミュージカル」です heart04

2008/2009シーズンにプルミエを迎えたミュージカルに「Guys and Dolls」があります。日本語に訳すと「野郎どもと女たち」となるのでしょうかね。

ブロードウェイミュージカルですが、当然、Feriはオリジナルを観たことはありません。

「Guys and Dolls」は、デイモン・ラニヨンの短編小説「The Idyll of Miss Sarah Brown」を元に、ジョー・スワーリングとエイブ・バロウズが台本を仕上げ、フランク・レッサーが作詞・作曲を手掛けた手掛けた作品で、1950年にブロードウェイで上演された「古典」です。

当時、ブロードウェイでも絶大な人気を博し、1955年にはフランク・シナトラが出演した映画版も制作されています。「ミュージカルの古典」なので、ロンドンなどでも頻繁に上演されているようです。

Continue reading "フォルクスオーパーの「Guys and Dolls」"

| | Comments (2)

May 03, 2009

恒例、春の路面電車博物館祭り

Img_3899_001

毎年、5月第1週の週末からウィーン路面電車博物館が営業を始めますが、オープン初日には無料のオープンハウスが行われます(通常は大人3ユーロ)。今年は、5月2日と3日の二日間にわたって、行われましたので、その模様をお伝えしましょう happy01 。今日も動画付きです movie

ここ数年、スペシャルゲストが登場するのですが、今年の目玉はザルツブルク電気鉄道100年を記念して復元(実際は製作に近いと思われます)されたオールドタイマーでした(一番下に動画を入れましたので、走りぶりをご覧ください)。

黄色と白のツートンカラーに塗られた2軸単車で、サイズ的にはウィーンやグラーツの2軸単車とほぼ同じです。もちろん、実際に走る動態保存機です。

Continue reading "恒例、春の路面電車博物館祭り"

| | Comments (1)

May 02, 2009

メーデー四方山話

Img_3705_001

毎年、当ブログでは「ウィーンのメーデー」をご紹介していますが、懲りずに今年も「メーデーの話題」をお届けします。

日本では、最近、メーデーの行事は盛り上がらなくなっていますが、オーストリアでは休日になっていることもあり、ウィーンで開催される中央行事には、多くの人が参加しているようです。
ただ、ご多分に漏れず、こちらも「動員」がかかっているようですが…coldsweats01

Continue reading "メーデー四方山話"

| | Comments (0)

May 01, 2009

佳境を迎える旧市街の道路工事

Img_3441_001

5月1日、こちらウィーンでは、恒例メーデーの行事が行われます。さて、今日はメーデーとは関係のない、本年11月の完成が予定されている旧市街の道路工事について、最近の模様をお伝えしましょう。

グラーベンやケルントナーシュトラーセでは、道路工事が佳境を迎えています。とくにグラーベンでは、1Aのバスが走る区間についても道路を半分封鎖して工事を行っている関係で、バスの運行ができず、1Aの運行系統が一部変更になっています bus

Continue reading "佳境を迎える旧市街の道路工事"

| | Comments (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »