« 鍵付きのゴミ箱 | Main | ウィーン市電の「ドクター・イエロー」 »

May 25, 2009

カンヌ国際映画祭でオーストリア人監督が最高賞

2009_05_24

第62回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールに、オーストリア人のミヒャエル・ハネケ監督作品「白いリボン」(原題:Das weiße Band)が選ばれました。

「白いリボン」は、第1次大戦前夜、ドイツのプロテスタントの村で起こる不穏なできごとを描いた白黒作品だそうです。 地元、オーストリアでは盛り上がっているのでしょうかね

ちなみに日本では、菊地凛子さん主演の「マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トウキョウ」(スペイン映画です)の動向が注目されていましたが、音響技術を担当したアイトール・ベレンゲルさんが技術賞を受賞したそうです。

|

« 鍵付きのゴミ箱 | Main | ウィーン市電の「ドクター・イエロー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鍵付きのゴミ箱 | Main | ウィーン市電の「ドクター・イエロー」 »