« ウィーンでも活躍するガチャガチャ | Main | いずこも同じ 人手不足 »

May 19, 2009

番外編 日本の「シュパーゲル」

2009_05_17

当ブログは、オーストリアにお住まいの日本人の皆さまもご覧いただいているようです。本当にありがとうございます。

という訳で、新型インフルエンザが広がりつつつつある日本から、番外編をお届けしましょう。
恐らくウィーンあたりでは、そろそろシュパーゲルは「終わり」になっていると思います。来年まで「お預け」ですね。

さて、先日、Feriの自宅に某社から DMが届きました。その中に産地直送の農産物・畜産品・魚介類を扱ったコーナーがあったのですが、その中に「ホワイトアスパラ」の広告を見つけました

そう、日本にもあるのですよ。産地は当然、北海道です。緯度がヨーロッパに近いですからね。お値段は1.5kgで6300円(消費税込み)となっていました。鮮度が落ちやすいため、通信販売向きの商品ではないのですが、そこは物流が進化している日本。冷蔵宅配便と 航空機を使い配達するようです。これならば、「朝採り」でも翌日には届くでしょうね

ところで、“シュパーゲルは、タケノコのような感じで畑に植わっている”という話を聞きますが、この広告には「畑に植わっているホワイトアスパラ」の写真も紹介されていました。

確かに、周りの土をきれいに掘り起こさないと、きれいに収穫できないことがわかります。当然、収穫にも手間がかかるのでしょうね。と言うわけで、人件費の高い日本では、このお値段…という訳です。

2009_05_17_b

しかし、前に当ブログでもご紹介しましたが、シュパーゲルは茹でるのが難しいので、素人がチャレンジすると「失敗する可能性」が多々あります。ましてや、日頃からやっていないと、なおさらですね

また、意外な盲点は「シュパーゲル用のソース」を基本的に自作しなければならない…ということです。ウィーンでしたら、この時期になるとスーパーなどで「ホランドディッシュ」用のインスタントソースが販売されているので、これを買ってくれば、「それなりの味」で楽しめるのですが…

もっとも、このような「高級食材」をお買い求めになるお客さまは、きっとお料理の「腕 」も確かなのでしょうね。

さて、ウィーンの皆さま、1.5kgで49ユーロですが、これは正直「高い」でしょうかね?

|

« ウィーンでも活躍するガチャガチャ | Main | いずこも同じ 人手不足 »

Comments

feriさん、saraiです。
ウィーン在住でないsaraiがコメントするのもなんですが、saraiは日本でも、シュパーゲルのことが忘れられず、この季節には、日本でもシュパーゲルを探してしまいます。時々、近くのスーパーに極々少量、入荷することがあります。あまり、需要がないようでsaraiの配偶者が結局、その在庫を順次、買ってしまうことになるそうです。ドイツ、オーストリアのものに比べると、ずい分、細くて、情けないくらいのものですが、贅沢はいえません。で、一応、配偶者は調理の方法を心得るようになりました。
先日、ウィーンでもスーパーで立派なシュパーゲルを見つけ、購入。6本ほどの太くて立派なものが3.8ユーロくらいでした。で、調理ですが、たまたま、今回はキッチン付きのアパートメントスタイルのホテルに泊まっていたので、レモン(湯がくときに必要)とマヨネーズ(まさか、オランデーズソースを売っているとは思わなかったので)を併せて購入し、配偶者に調理してもらっていただきました。もちろん、美味かったですよ!

Posted by: sarai | May 19, 2009 11:00

saraiさま、ご丁寧なコメント、ありがとうございます。

Feriは、日本では買ったことがないので、日本産の食感はわかりません。そういえば、以前、この時期、札幌の某寿司屋に行ったら、ネタの入っている冷蔵ショーケースの上に「ホワイトアスパラ」が並んでいた記憶があります。
もちろん、オーダーしませんでしたが

シュパーゲルは「茹でるコツ」を飲み込めば、おそらく美味しくいただくことができると思っていましたが、そのようですね。

Feriは来年までお預けです

Posted by: フェリ | May 19, 2009 11:14

自己RESですが、興味深い報道がありました(ベルリン発のロイター電)。

ドイツ警察は18日、シュパーゲル(ホワイトアスパラガス)の価格に激怒し、販売していた24歳の女性を暴行した男を捜索していると発表した。

それによると、男はシュパーゲルの値段が高すぎると叫びだした後、女性の顔を殴り、攻撃的な犬を放すと脅迫。女性は警察に助けを求めた。

ドイツで「食べられる象牙」と称されることもあるシュパーゲルの価格は、短期間で大きく変動し、最も高価となる入荷したての時期には1キロ当たり10ユーロほどで取引されるが、現在は1キロあたり1ユーロから5ユーロほどまで下がっている。

オリジナルの記事は「ホワイトアスパラガス」と書いてありましたが、ピンと来ないのでシュパーゲルに直しました。ところで、容疑者の男性の年齢がわかりませんねぇ。それにしても、ドイツ人の執念を感じますね

Posted by: フェリ | May 19, 2009 16:53

近所のデパートやスーパーでは3月くらいからホワイトアスパラは時折店頭で見かけています。
デパートでは太い3本のパックで480円でした。
オランデーズソースのパックをウィーンから買ってきてありますけど、まだ使っていません。ソースは余ったら、茹でたじゃがいもと一緒に食べても美味しいですよ。

Posted by: いづみ | May 20, 2009 21:53

いづみさま、コメントありがとうございます。

ソースがあれば、美味しく頂くことができますね。Feriも、よく日本では売っていない「スープの素」などをウィーンで買ってきます。

Posted by: feri | May 21, 2009 06:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンでも活躍するガチャガチャ | Main | いずこも同じ 人手不足 »