« 特別指令 “マイバウムを盗め” | Main | ウィンナ・アイス・カフェー »

June 17, 2009

これもウィーン風?ある工事現場事務所にて

Img_4929_001

今日は、「ウィーンらしい工事現場事務所のお話」です。

日本でも規模の大きい建築現場や土木工事現場には、いわゆる現場事務所が設置されていますが、おおむねプレハブ方式の建物が使われているようです。

ウィーンなどでは、コンテナハウス(ブロック状の住居コンテナをつなぎ合わす方式)が一般的なようです。コンテナハウスはプレハブに比べて、設営と撤収が簡単なのが特徴です。

いずれにしても、実用一点張りの仮設建物ですから、飾り気はないのが普通です。先日、リンク沿いを歩いていたら、写真のような工事現場事務所を見かけました。

Img_4174_001

構造は、コンテナハウスなのですが、何と二階に上がる階段のところに「」が飾られているではありませんか 。よく地方に行くと住宅の窓際にゼラニュウムが飾ってありますが、雰囲気はそっくりです。誰のアイデアかはわかりませんが、ウィーンというかオーストリアらしいセンスを感じました。

Img_4173_001


実用一点張りの事務所ではありますが、こういった花が飾られていると、和みますね。きっと、無事故で工事が進むことでしょう。ご安全に

|

« 特別指令 “マイバウムを盗め” | Main | ウィンナ・アイス・カフェー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 特別指令 “マイバウムを盗め” | Main | ウィンナ・アイス・カフェー »