« 家族の大切な行事 幼児洗礼式 | Main | 私は看板犬? »

July 06, 2009

信号機の謎 その後…

Img_4410_001

先日、 歩行者用信号機の時間」にまつわる話題をお届けしましたが、その後、ウィーンを訪れた際、現地でこっそり調べて見ました

ウィーンの場合、通常、歩行者用信号には動作ボタンはないようです。そのため、青の点灯時間を延長する方法は、基本的にはなさそうです(もっとも警察官が操作すれば、信号の点灯時間を調整できる装置はついていますが)。

そこで、目の不自由な方向けの補助装置(誘導用の音が出る装置)に何か仕掛けがないかと思い、このボックスをよく観察してみました。

側面や上面には特に仕掛けはないようです。ちなみに、評判がよろしくない「独特の音 は側面の穴(杖をついている方のイラスト)からでているようです。

Img_4420_001

が、その下を見ると何やら怪しげなボタンが…どうやら、これが青の点灯時間を延長する「秘密のボタン」なのかもしれません。

おそらく、目の不自由な方が横断に時間がかかりそうな場合、このボタンを押して、青の時間を延長するのでしょう。実際には、青信号よりも誘導用の音を延長する目的があるのかもしれません

Feriは、このボタンを試してみなかったので、本当に「秘密のボタン」なのかどうかは確かめていませんが…ただ、設置されている場所が、いかにも「怪しげな感じ」がしますよね。

|

« 家族の大切な行事 幼児洗礼式 | Main | 私は看板犬? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 家族の大切な行事 幼児洗礼式 | Main | 私は看板犬? »