« U2の中央駅乗り入れが白紙に… | Main | 「ロシアの皇太子」の思い出 »

July 13, 2009

アイデア歯ブラシセットを発見

Img_4282_001

記事の数が1000を越えて、検索が多少不便になってきましたので、カテゴリーごとに表示できるように修正しました。左側中段のカテゴリーを選んでいただくと、同一カテゴリーの記事が表示されます。とくにオペレッタやオペラは、こちらで探した方がわかりやすいかもしれません。

さて、今日は「ウィーンで見つけた“ある商品”にまつわるお話」です。

ウィーンに限らず、ヨーロッパのお店をのぞくと、センスの良いデザインの家庭用品を見かけることがありますね。

最近では、こういったデザイン性の優れた商品が日本にも入ってくるようになったのは、結構なことです。
さて、先日、旧市街の某家庭用品店(主にキッチン用品を扱っているお店)のショーウィンドウを見たところ、写真のような「一風変わった歯ブラシセット」を見つけました

デザインを見てすぐわかると思いますが、「子供さん用の歯ブラシセット」ですね。台座がなかなかかわいらしいカエルのデザインになっており、背中から歯ブラシがニョキッと顔をだしています(要するにカエルの背中にブラシのホルダーが付いている訳です)。このカエルですが、子供さんが喜びそうなデフォルメしたデザインが光ります。

実は、Feriが感心したのは、向かって右側に付いている「砂時計」なのですよ。ご存知の方も多いと思いますが、歯磨きは一定の時間をかけて丁寧に行わないと効果が薄いものです。しかし、Feriも子供の頃は面倒くさがって、適当に済ませていました。

恐らく、どこの国でも同じなのでしょう。そこで、ブラシホルダーに「砂時計」をセットし、“この砂が落ちる終わるまではしっかり磨きましょうね”と子供を啓蒙しようというアイデアなのでしょう。これは、グッド・ジョブですね

今流のデジタル時計ではなく、砂時計というのが、子供の興味をそそることでしょう。Feriは実際に手に取った訳ではないので、確約はできませんが、どうやら木製のようです。そのためか、全体的に温かみを感じますね。お値段は5ユーロですから、お買い得な気もします。

ところで、この歯ブラシセットの後ろ側には、ブラシの部分をミツバチ型ケースで覆ったタイプの商品も展示されています。これも興味深いですね。皆さまの中には、右側に並んでいるアヒルちゃん(何の用途かも含めて)が気になる方もいらっしゃるのでは… なかなか楽しいお店です。

ご紹介した商品のデザインや製造が「オーストリア」かどうかわからないのが残念なところでもあります。まぁ、実際に買ってみれば、全ての素姓がわかる訳ですが…

|

« U2の中央駅乗り入れが白紙に… | Main | 「ロシアの皇太子」の思い出 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« U2の中央駅乗り入れが白紙に… | Main | 「ロシアの皇太子」の思い出 »