« ユニークな形のお店 | Main | 謎の鉄道模型メーカーを訪ねて(その1) »

July 17, 2009

空中庭園の謎

Img_4378_001

今日は「お庭の話題」です。

と言っても、いわゆる戸建て住宅に見られるような「普通の庭」のお話ではありません。最近では、日本でも温暖化抑止の観点から、 ビルディングの屋上緑化が進められていますが、こちらのお話です。

Feriがウィーンで定宿にしているホテルは、旧市街内にあるのですが、部屋が上層階の場合、向かいのビルディングの屋上を垣間見ることができます。

実は、このビルディングの屋上には、写真のように木が植えてあるのです。普通、ビルディングの屋上に庭園を造る場合、プランターに植物を植えて、それを並べるケースが多いと思います。

ところが、Feriが定宿にしているホテルの向かいにあるビルディングの「屋上庭園」は若干趣が異なります。一応、プランター上のボックスを使用しているのですが、比較的根が張りそうな「木」が植えられているのですよ。

さすがに巨木ではありませんが、成長してきたらコンクリート製のプランターが、どうなるのでしょうかねぇ。
この屋上ですが、周囲の木以外だけではなく、芝生が敷いてあるようにも見えます。

ただ、余り人様に見せるような場所ではないためか、手入れが不十分な気がします。そんな場所をのぞいてしまって、すみません

Img_4377_001

さて、もう一つは、もう少し高いところにある空中庭園です(二枚目の写真)。ここは上から見ることができないので、残念ながら構造がどうなっているのかはわかりません。

この建物は、上層階が 住居になっているようなのですが、その屋上にも空中庭園があります。さすがに個人の住居であるためか、手入れは行き届いているように見えます。

ただ、古い構造の建物であるにもかかわらず、ふんだんに木が植えられているのですが、大丈夫なのでしょうかね。しかも、先ほどご紹介したビルディングよりは、木が大きいような気がします。

Feriとしては、どのように手入れをしているのかも含めて、ちょっとのぞいてみたい場所の一つではあります

|

« ユニークな形のお店 | Main | 謎の鉄道模型メーカーを訪ねて(その1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ユニークな形のお店 | Main | 謎の鉄道模型メーカーを訪ねて(その1) »