« 地下鉄のベンチ | Main | 「謎のポスト」後日談 »

August 07, 2009

番外編 世界遺産登録を抹消されたドレスデン

Img_1980_001

旧聞に属しますが、Feriが何回か訪れているドイツ・ドレスデンのエルベ渓谷が世界遺産から抹消された話題をお届けしましょう。

ご存知のように、ドレスデンの旧市街は第二次世界大戦の空爆で、徹底的に破壊され、現在、復元工事が行われています。一方、ドレスデン市内を流れるエルベ川の周辺については、幸い大規模な空爆の影響を受けず、往事の景観を残しています。

ドレスデンを訪れたことのある皆さんは、エルベ川の ship ミニクルーズに乗船した方も多いと思います(かくいうFeriも、乗船してエルベ川からの景観を楽しみました happy01 )。

すでに詳細が報道されているので、ご存知の方も多いと思いますが、問題となったのは、渓谷中心部に4車線の橋(全長635m4車線のフォレスト・キャッスル橋)が架けられることになったことです。

Img_4344_001

市内の中心部に川が流れている都市の宿命ですが、どうしても河の両岸の交通が制限されます。

この渓谷には以前から、ドレスデン市街の渋滞緩和を目的とした架橋計画が存在していました。ところが、世界遺産登録により、登録を推進した住民と、橋の建設を推進したい住民との間で軋轢が生じて、2005年には橋の建設の是非を問う住民投票が行われたそうです(世界遺産登録は前年の2004年です)。住民投票の結果は、建設賛成票が三分の二以上を集め、計画が実行に移されることになったものです。

当然、ユネスコの委員会からは警告が出され、橋の建設が中止されない場合、2009年開催の世界遺産委員会で登録リストから抹消する方針が示されました。結局、住民投票の結果を受けて、橋の建設が進められることになり、2009年6月に開催された世界遺産委員会で世界遺産リストからの抹消が決議された…というものです。

Dresden_001

実はFeriが2008年5月に訪問した際、すでに架橋工事が始まっていました。二枚目の写真が工事現場で、橋の基礎を作るための土木工事が進められていました。

ちなみに世界遺産に指定されていたドレスデン・エルベ渓谷には、現在、四本の道路橋が架かっていますが、今回の橋が四本目…ということになるようです。最後の写真は有名な鉄橋ブラウエス・ヴンダー橋(Blue Wonder)です。見た目はすばらしいのですが、この橋も2車線しかないため、実際には市内交通のネックになっています。

Img_4426_001

世界遺産に登録されると観光客が増える反面、住民生活に大きな影響が出るため(景観確保のための制約が増える訳ですから)、お住まいの方から「登録反対」という声も出るようです think

ウィーンでも旧市街は世界遺産に登録されているため、建物の改築にはかなり制限があるようです。ウィーンの場合、恐らく世界遺産から抹消されるような大規模開発は行われないと思いますが、お住まいになっている方にとっては頭の痛い問題かもしれません。

|

« 地下鉄のベンチ | Main | 「謎のポスト」後日談 »

Comments

Feriさん、saraiです。
saraiもちょうど、Feriさんと同じ頃にドレスデンを訪問し、景観の素晴らしさに痛く感激しました。特にエルベ渓谷はドナウよりも美しく、あのクルーズも楽しめました。
まさに旧市街は復元工事がまっさかりで、どんどん綺麗になっていくことに驚嘆しました。彼らの粘り強い努力には敬服しています。世界遺産登録抹消は残念ですが、きっと新しい橋も長い目で見れば、エルベの景観にマッチするようなものを作り上げてくれるのではないでしょうか。是非、そう期待したいと思います。
ご紹介のあった有名な奇跡の青い橋も建設から長い年を経て、エルベ川になじんでいるようですしね。
では、また。

Posted by: sarai | August 07, 2009 at 01:09 PM

saraiさま、こんにちは。また、コメント、ありがとうございます。

ウィーンと違い、ドレスデンの場合、エルベ川が市内中心部を流れているため、どうしても交通渋滞が発生しやすいという問題があります。

エルベ渓谷を世界遺産にしてしまったのが、失敗だったかもしれません。どんな橋になるかが注目されますね。

Posted by: フェリ | August 07, 2009 at 04:23 PM

こんにちは、楕円球です。いつも楽しく拝見しております。

最後の写真の橋ですが、市内からみて東にある橋ではないでしょうか?もしそうなら写真の角度ですと橋の手前にあるイタリア料理屋はなかなか美味です。Villa Marieというはずですが・・。もしちがっていたら申し訳ありません。

Posted by: 楕円球 | August 07, 2009 at 05:38 PM

楕円球さま、コメント、ありがとうございます。

最後の写真ですが、有名なLoschwitzerBrückです。ちょうど渡ったところに、これまた有名なケーブルカーが走っております。

冒頭の写真は、ケーブルカーの山頂駅からの眺めですね。残念ながらFeriは橋の所では restaurant 食事をしなかったので、わかりませんが、もし次に行く機会があったら探してみましょう happy01

Posted by: フェリ | August 07, 2009 at 10:13 PM

Feri さん、

ウィーンでも数年前、3区の高層ビル建築計画の際に
世界文化遺産登録を外すぞ、という脅し?がユネスコからありました。
旧市街ではないのですが
旧市街を望む景観を壊す、という理由でした。

結局、その高層ビルは
高さを削って建てられました。
シティ・エア・ターミナルの近くにある近代建築が
その建物です。

やっぱり観光地ですから
ウィーンは高層ビルより、世界文化遺産タイトルの方を取った、という事でしょう。

Posted by: はっぱ | August 08, 2009 at 08:09 PM

はっぱさん、こんにちは。

やっぱりというか、あるんですねぇ。ただ、旧市街内になると問題が起こるでしょうね。

Posted by: フェリ | August 08, 2009 at 09:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 地下鉄のベンチ | Main | 「謎のポスト」後日談 »