« ケルントナーシュトラーセで… | Main | このブログをご覧の皆さまへ »

September 30, 2009

すごいアウトドア・アトラクション

Img_6038_001


9月最後の話題は、「夏のイベントで見つけた体験型スポーツ・アトラクション」のお話です。

8月にザルツブルク州の某街で行われた「フリューゲル・フェスト」で、子どもさん向けの面白いアトラクションを見つけました(ちなみに昨年もこのゲームをやっておりました)。

どういうアトラクションかというと、ビアのプラスチック製ケース(もちろん、ビアは入っておりません。空のケース)を積み上げていくというものです。

しかし、やり方がユニークなのは、単に数段積むといった単純なものではなく、積む子ども(プレーヤー)にハーネスを付けて、クレーンで吊り下げて、多くのケースを垂直に積み上げるという点です(やりやすいのか、裸足でやっている子供さんもいました )。

ケースそのものは単純に積み上げているだけなので、バランスが崩れるとケースのタワーは倒れてしまいます。要するに「倒さずにタワーをどこまで高くすることができるか」を競うというものです。

Img_6037_001

ビアを飲みながら見ていると、小さな子供さんは体重が軽いためか、ケースのタワーに依存せず、絶妙にバランスをとりながら、どんどんケースを積んでいきます。普通は3~4メートルで倒壊するのですが、Feriが見た女の子は、ガンガン積んで行き、7メートルくらいのタワーができました

最初はハンググライダーのフライト解説をしていたナレーターも、途中からタワーの高さが気になったのか、急きょ、こちらのゲームの実況中継に参戦 “さぁ、今○個になりました。おーっ、また一つ積み上がりましたねぇ”といった感じで、最後は会場全体で大声援を送ることになりました。

ただ、このアトラクションの怖いところは、いくらハーネスがついていてケーブルでクレーンからぶら下がっているとは言え、タワーが倒壊すると、一気に周りに何もなくなってしまうと言うことです(要するに完全宙づり状態 )。

もちろん、タワー倒壊後は、クレーンのオペレーターがクレーンを操作して、プレーヤーを地上に降ろしてくれますが、結構、怖いと思います 。当然、高所恐怖症の方は、チャレンジできませんね 。しかし、子どもは怖いもの知らず…ですなぁ。

|

« ケルントナーシュトラーセで… | Main | このブログをご覧の皆さまへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ケルントナーシュトラーセで… | Main | このブログをご覧の皆さまへ »