« 警察航空部隊、ご一行が参加? | Main | オペレッタ「酋長アーベントヴィント」 »

October 26, 2009

サマータイム こぼれ話

Img_8285_001

サマータイムが終わると、いよいよ冬の気配が近づいてきます。

今年は10月25日(日曜日、毎年10月最終日曜日午前1時)を境にサマータイムから、普通の時間に変更されました。さて、 時計を直さないと、待ち合わせに遅れたりしますね。ご注意を 。ところが、ここでORFがやってくれました

ORF2では、毎朝、「TEXT-AKTUELL」という文字による情報提供番組を放送しています。で、たまたま25日の朝、6時過ぎに目が覚めたので、天気を確かめようとORF2をつけたところ、画面右上に表示される時刻が何と「7時台のまま」。おそらくシステム設定のミスではないかと思うのですが、やってくれますねぇ。ORF。

Img_8288_001

見にくいですが、テレビ画面の右上とテレビ本体の時刻表示(下)が1時間違っているのがおわかりになると思います。

で、「TEXT-AKTUELL」は、基本的に同じ情報を繰り返し放送するのですが、6時30分過ぎになり、情報が一巡したところで、「正規の冬時間」に修正されていました。どこかから、苦情でもあったのでしょうかね。まぁ、日曜日の早朝ですから、影響は少なかったと思いますが…

ところで、10月26日はオーストリアの「建国記念日」(Nationalfeiertag)です。第二次世界大戦後、1955年に永世中立国宣言をしたことを記念して設けられた祝日です。

ところで、オーストリアの祝祭日は、日本では考えられませんが、ほとんどキリスト教に関係したものです。オーストリアの祝祭日は、現在16日ありますが、宗教的な要素がまったくない祝祭日は、1月1日(元旦)、5月1日(メーデー)の二日間だけです。これもお国柄と言えるでしょうね。

という訳で、オーストリアでは、土曜日から実質的に三連休ということになります。

|

« 警察航空部隊、ご一行が参加? | Main | オペレッタ「酋長アーベントヴィント」 »

Comments

イタリアならありそうな話ですが、オーストリアでもあるとは驚きです。ドイツのような几帳面な国ですとまずなさそうですが、同じドイツ語圏でも南に位置するオーストリアはもう少しアバウトなのかもしれませんね。

Posted by: QQ | October 27, 2009 10:21

QQさま、コメント、ありがとうございます。

今でこそ、少なくなったようですが、以前は時間変更時、街中にある公共の時計(ポールの上についているもの)の時刻が修正されていなかったことが、良くあったようです。

同じ、ドイツ語圏でもオーストリアは、ちょっとのんびりしているのですね。逆に、このような話はよく聞くので、細かいところに神経質になると、お住まいになるには大変かと思います。

Posted by: Feri | October 27, 2009 15:16

Feriさん、Steppkeです。
私は、よく、市立公園のヨハン・シュトラウス像を映しているWebCamを見ています。天候や、映っている人の服装で気温も分かり、なかなか行けないウィーンの様子を、わずかですが、知ることができます。
この映像には撮影日時が表示されていますが、大抵、数分はずれています。更新は5分に1回程度ですが、それを考慮しても、あまり正確とは言えません。
2年くらい前には、2時間もずれていたことがありました。冬時間から夏時間に変わっても、表示が冬時間のままだったので、いつ気付くか興味をもっていたところ、かなりの日数が経ってから、なんと、1時間進めねばならないところを、1時間遅らせたのです。この状態が、確か数ヶ月続きました。
最初はあきれましたが、さすがオーストリア人と納得してしまいました。

Posted by: Steppke | October 28, 2009 23:52

Steppkeさま、コメント、ありがとうございます。

初めての人は結構驚くのですが、知れば知るほどオーストリアらしい「現象」だと思います。

最近、最近、南駅の改良工事に伴って列車の遅延や運休が相次いでいるそうですが、地元の皆さんは至って「普通」だとか

Posted by: フェリ | October 29, 2009 12:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 警察航空部隊、ご一行が参加? | Main | オペレッタ「酋長アーベントヴィント」 »