« あっ、ハンドルが二つある | Main | 番外編 テレビで放送されたパリ・オペラ座「メリーウィドウ」 »

October 10, 2009

もう一つの「白馬亭」

Img_7164_001

今日は「白馬亭の話題」をお届けしましょう。

白馬亭(Weisses Röessl)と言えば、何と言ってもザルツカンマーグートはウォルフガングゼーの畔にある伝統的なリゾートホテルを思い浮かべますね。

最近でも、湖上温水プールやワインケラーなどを作るなど、お客さまを集める努力を怠っていないようです。ここに泊まりたい…という人も多いようですね。残念ながらFeriは泊まったことがありませんが…

さて、先日、ウィーンのプラターに行ったときのことですが、遊園地エリアを歩いていたら、「Zum Weisses Röessl」という看板を掲げたレストランを見つけました。ご丁寧に看板の下には「白馬の首」が出ています。

Weisses_rssel__w

ご本家の方は、白馬が跳ねている姿なので、こちらの方がおとなしいですね。ちなみに今回、Feriは利用しませんでしたが、普通の レストランのようです。

なぜ、このような名前になったのか、興味のあるところです。まぁ、ウォルフガングゼーにある「白馬亭」(三枚目の写真)とは、直接関係はないとは思いますが…

363_6350_001

全くの余談ですが、オペレッタ「白馬亭にて」が生まれた背景が、面白いのでご紹介しましょう。

1896年にドイツの作家、ブルーメンタールカーデルブルクがウォルフガングの「ホテル 白馬亭」に滞在中に、ヨゼファとレオポルトの恋物語「白馬亭にて」を執筆したそうです。

これが、ドイツ語圏の劇場で大ヒット 。1930年になってエミール・ヤニングスとベルリンの有名演出家エリック・カレルが「ホテル 白馬亭」に滞在した際に、ヤニングスが「白馬亭にて」をオペレッタとして演出することを発案し、カレルがラルフ・ベナツキーに作曲を依頼して、誕生しました。

Img_7977_001

今も昔もドイツ人はザツルカンマーグートがお好きなところから、生まれた作品だったのですね 。たしかに、あのすばらしい環境に長期間、滞在していれば、ドラマの内容が 閃くこともあるでしょう。

最後の写真はフォルクスオーパーで上演されていた「白馬亭にて」の一コマです。ヨゼファUlrike Steinskyは、レオポルトはJosef Luftensteinerです。どちらも、はまり役でしたね 。おっと、話が横道にそれてきたので、今日はこのあたりで

|

« あっ、ハンドルが二つある | Main | 番外編 テレビで放送されたパリ・オペラ座「メリーウィドウ」 »

Comments

トラムのことで詳しいお話が聞けて楽しかったです。

ブログを拝見していますと、ウィーンに行った気分に浸れます。

ところで、今回書かれた内容と全く無関係な話題で恐縮ですが、ウィーン中心部にある中古のLPレコード屋さんをご存じでしたら教えていただけますか。

Posted by: QQ | October 10, 2009 11:42

QQさま、ご質問、ありがとうございます。

Feriは利用したことがないのですが、たまたまオーストリアの新聞KURIERに、ウィーン市内の中古レコードショップの紹介記事が出ていました。

新聞に載るくらいなので、実績のあるお店だと思います。

Webにも記事が掲載されているので、アドレスをご紹介しますね。

http://www.kurier.at/kult/1945515.php

ちなみに紹介されていたショップは、Rave Up、Teuchtler、friendly house、Fritz Pöckinger、Trostの5店です。

余談ですが、この手のお店はオーナーさんが趣味でやっているところが多いようで、最近では、突然、閉店というケースもあるようです。

Posted by: フェリ | October 10, 2009 21:32

Feri様

今時、中古のレコード屋ではやっていけないのかもしれません。
ウィーンで貰った地図で調べてみますが、通りの名前を探すのは難しいです。Googleマップで調べています。
Windmühlgnoのお店は、場所から考えると、昨年現地の添乗員さんが話していたお店のようです。
ドイツ語はからしき分からないのですが、日曜日は営業しいないないようですね。

Posted by: QQ | October 10, 2009 22:36

QQさま、さっそく、ご覧いただいたようで、なによりです。

ちなみにFeriは、ウィーンで住所から場所を探すときは、以下のサイトを使っています。結構便利ですよ。

http://www.magwien.gv.at/stadtplan/suche.asp?lang=en

それから、中古レコード店ですが、オーナーさんがお亡くなりになったりすると、それで閉店…というケースも多いようです。最もこれは、一般のお店でも増えているケースで、後継者難はいずこも同じ…ということでしょうか。

Posted by: フェリ | October 10, 2009 22:51

Feri様

地図検索サイトも場所が特定できて助かります。通りを隔てて奇数と偶数の番地になっているようですね。

実は、13日(火)に成田を発ち、ドレスデン、ライプツィヒ、ベルリンを経由して17日(土)にウィーンに着く予定です。17日はコンサートをハシゴするので18日(日)だけ自由行動です。美術史美術館とヴェルヴェデーレ宮殿に行く予定のためレコード屋にいけるかが微妙なところです。日曜日はお休みのお店が多いのが心配なところです。

Posted by: QQ | October 11, 2009 10:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« あっ、ハンドルが二つある | Main | 番外編 テレビで放送されたパリ・オペラ座「メリーウィドウ」 »