« ビルディングを一皮むけば… | Main | 携帯電話に路面電車が走る? »

November 16, 2009

タバコ四方山話

Img_7540_001

先日、テレビ番組で「世界で最も住みやすい街の秘密」を解き明かす番組をやっていましたが、当たり前ですが、皆さんがウィーンに行ってみたくなるような番組構成でしたね heart04

ところで、実際のウィーンに行かれた方で、 smoking タバコが気になった…という方も多いのではないでしょうか(もちろん、喫煙派の皆さまですが coldsweats01 )。

オーストリアは、昔からタバコ大国(街中でオーストリア・タバコという看板を掲げたたばこ屋さんを多く見かけます)ですから、世界的に喫煙が厳しくなっている現在でも、喫煙には「寛容」です。

Feriはタバコを吸わないので、余計に気になるのかもしれませんが、込んだ広場や道路でも平気でタバコを吸って(もしくは火が付いた状態で手に持って)歩いている人を多数見かけます(必ずしも地元の人とは限りません)。

そして、吸い終わったら、そこいらへポイ。ですから道路上には、犬の○○○よりもタバコの吸い殻が多数散らばっています。

また、レストランやカフェーなどでも、今までは禁煙が「定位」だったのですが、最近、法律改正により、やっと一定規模のお店では禁煙席ができるようになりました。

が、その実態は、一昔前の日本と同じで、単純にゾーンが分かれているだけで、煙は nosmoking 禁煙席側に漂ってくる…というものです。

そのため、最近、アメリカのロサンゼルス・タイムスに「オーストリアはヨーロッパの灰皿。セルビア、モンテネグロなどバルカン諸国並み」という、かなりきついコメントを出されています bearing 。確かに、市内の一部は「灰皿状態」に見えることもありますが…

ところで、現在、オーストリアで大問題になっているのは、「未成年の喫煙」だそうです。ある調査によると、喫煙の初体験 は11歳~12歳だそうです(日本の小学生ですね)。そして、14歳・15歳では、何とビックリ、4人に1人が常時喫煙者だとか shock

日本では、未成年の喫煙防止を図るため、自動販売機の場合、特殊なICカードで年齢認証をする仕組みになっていますが、こちらオーストリアでも年齢確認が義務づけられています。

Img_6717_002

抜け道になりやすい自動販売機の場合は、銀行のキャッシュカード(バンコマット・カード)で年齢確認をするようになっています(写真はオーストリアのタバコ自動販売機で、上にバンコマット・カードをスキャンするシステムが付いています。また、「未成年はダメよ」のステッカーも貼ってあります)。ですから、子どもが簡単にタバコを変えないような気がするのですが、実はたばこ屋さんで簡単に買えるそうです coldsweats02

以前、 tv ORFがタバコ販売の実態レポートを放送したそうです。その番組では、取材チームが、12歳から14歳の子どもにお金を渡して買いに行かせます(いわゆる囮捜査ですね)。

その結果、ほとんど全員が問題なく、タバコを買って店から出てきたとのこと bearing 。そこで、折り返し、ORFのレポーターが店に入り、“この子14歳ですけれども、年齢チェックしないで売りましたよね…”と突撃取材を敢行。が店の反応は“あら、16歳以上だと思ったわ”(ヨーロッパでは、16歳未満の未成年者へのタバコ販売を禁止している国が多いですね)。

そんなことを2~3回やっているうちに、“他のお客を待たせておいて身分証明チェックなんかできるか、アホ!”逆ギレするおじさん店主が登場する始末。いやはや。

ちなみに、スーパーやガソリンスタンドでのアルコール販売も同じ状況だそうです。いずこも同じ、「コンプライアンス事情」ですねぇ。

ちなみに、日本の厚労省が公開している「世界の成人喫煙率」(2002年のデーターですが)によると、オーストリアの喫煙率は男性30.0%、女性19.0%となっていました(実は、男性に関しては日本よりも低いのですね)。でも、これは、あくまでも「成人」のデーターですから、ここでご紹介した「子どもの喫煙者」を加えたら、どうなるかはわかりません。

また、日本では、厚労省が中心となって喫煙者を減らすため、 smoking タバコの値上げ(増税ですね)を考えているようですが、現在、オーストリアでは1箱4ユーロ前後で販売されています。今のレートだと、500円強というところでしょうかね。日本は300円が標準ですから、やはり高いですね。

|

« ビルディングを一皮むけば… | Main | 携帯電話に路面電車が走る? »

Comments

たばこの煙が大嫌いなので、スペイン、イタリアを旅行した際、街中でたばこを吸う人が多いのには参りました。

北ヨーロッパは禁煙が徹底されているかと思っていましたが、ドイツでもたばこを街中で吸う人が多いのには驚きました。

日本の方がヨーロッパよりも禁煙に対しては厳しくなっているようにも思われました。

Posted by: QQ | November 16, 2009 at 05:34 PM

QQさま、コメント、ありがとうございます。

ドイツなどでは、室内禁煙が徹底してしまった結果、表で吸う人が増えているのかもしれません。

ご存じかもしれませんが、空港ターミナルなども全面禁煙で、一部のボックス(ガラス張り)だけが喫煙可となっています。ただ、日本でも路上禁煙の場所は、必ずしも徹底されていないようで、いずこも同じですね。

Posted by: フェリ | November 16, 2009 at 06:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ビルディングを一皮むけば… | Main | 携帯電話に路面電車が走る? »