« タバコ四方山話 | Main | ただ今トレーニング中? »

November 17, 2009

携帯電話に路面電車が走る?

Qando_001

今日は「 mobilephone 携帯電話にまつわるお話」です。

最近、日本では携帯電話を使ったサービスが多様化していますよね。独自のインターネット接続サービスをはじめ、電子マネー、音楽のダウンロード、デジタルテレビの視聴などなど、日常生活には欠かすことのできないアイテムになっている人も多いようです。

さて、先日、Wiener Linienの案内所に立ち寄ったところ、面白いリーフレットを発見したので、もらってきました。

どうも、「携帯電話を使った新しいサービスのご案内」(Mobile Info-Service)のようです。QANDOという会社が提供しているようで、メインは日本でもおなじみの時刻表とルート検索サービスです。

自分が乗車する路線と駅(停留所)、そして行き先を選択すると、目的地までの路線(地下鉄、路面電車、バス)と途中の乗換駅(停留所)などが表示されるものです。また、住所やGPS機能を使って最寄りの停留所などを探すこともできるようです。なかなかの「スグレモノ」ですね happy01

出先などでは、一々パソコンを広げて検索するのは面倒ですから、この手のサービスは便利ですよね。Feriも、日本では時々使っています。

Qando_002

もう一つ興味深いのは、路面電車とバスに関して、現在の運行状況をリアルタイムで、把握することができるシステです。自分が利用する停留所を設定すると、次のが何分後にやってくるのかを携帯電話の画面に表示します。

しかも、路面電車の場合、ごていねいに在来車かULFかをイラストで区分して表示してくれるのです。やりますなぁ happy01 。よく見ると、上の方の表示は、停留所の表示器とそっくり。結構、マニアックなつくりです。これは停留所に設置されている表示器のシステムとリンクさせているのだと思います(意外にハイテクなオーストリア confident )。このほかにも、色々と興味深い機能が付いているようです。

Feriも、実際に試してみたいのですが、自分が持っている携帯電話は、このサービスに対応していないようなので、残念ながら現物の画面は、まだ見ていません weep 。路面電車のイラストが、動いてくる画面を、ぜひ見てみたいものです。

|

« タバコ四方山話 | Main | ただ今トレーニング中? »

Comments

オーストリアは、結構、新しいものが好きなようですね。常宿のホテルでは、今まで多機能電話機で、照明や、温度管理をしていましたが、開業以来のもので古くなったのでしょう。今年から、無線LANにより、パソコンのディスプレイのようなもので、温度コントロールを始めましたが、うまくいかず、何度もメカニックの人を呼びましたが、とうとう3日目に、壁に付いている昔の、コントローラーに戻りました。

Posted by: 愚庵 | November 17, 2009 at 11:22 AM

愚庵さま、コメントありがとうございます。

>うまくいかず、何度もメカニックの人を呼びましたが、とうとう3日目に、壁に付いている昔の、コントローラーに戻りました。

これがオーストリアらしいところなのですよ(私個人としては、こういうところが好きなのですが…)。ちなみに、同じドイツ語圏でも、ドイツはもっと凝り性で、懲りすぎて結果的にうまくいかないケースが多いようです。

Posted by: フェリ | November 17, 2009 at 07:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« タバコ四方山話 | Main | ただ今トレーニング中? »