« 「Publikumsgespräch」を「見学」しました | Main | 謎のユニット「Operettts」 »

December 26, 2009

番外編 「天使が運ぶアドベントフロイデ クリスマスコンサート」

Img_105_0648_001

当ブログでも事前にご紹介していた「天使が運ぶアドベントフロイデ クリスマスコンサート」が12月25日に、日比谷のスタインウェイサロン東京松尾ホールで開催されました。今日は、その模様をお届けしましょう。

今回、コンサートが開催されたスタインウェイサロン東京松尾ホールですが、松尾楽器店が運営しているホールだけあって、小規模ながら音響効果の良いところでした。

今回は「モーツァルト・チョコレート・リキュール」がクリスマスプレゼントとして提供されました(もちろん成人のみ)。さすがに「大人の贅沢編」です heart04

出演者はフルートの佐藤智子さん、チェロの宮澤 等さん、ピアノの山本実樹子さんというトリオです。

第1部は、クリスマスにちなんでモーツァルトの「ハレルヤ」から始まりました。良いですねぇ。こういう選曲。今回はチェロ奏者の宮澤さんの軽妙なお話を交えながらのコンサートとなりました。

Img_105_0647_001

その後、ヘンデルのフルートソナタが演奏された後、オペラ、オペレッタの名曲に移りました。Feriが楽しみにしていたオペレッタでは、年末にふさわしくヨハン・シュトラウスⅡ世の「こうもり」から二曲取り上げられましたが、このようなカルテットで聴くと新鮮ですね happy01

また、オペラではプッチーニの「ツゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」が演奏されたのですが、チェロの響が心に染み渡りました。これまた新鮮な体験でした。休憩前は、ピアノとチェロによるピアソラの「ル・グランタンゴ」でした。チェロのテクニックが光る演奏でしたね。

Img_105_0654_001

休憩後は、前半とは打って変わってヨーロピアン・ジャズのナンバーを中心に演奏されました。このメンバーの経歴から考えて、てっきりクラシックのポピュラーナンバー中心のプログラムかと思っていたので、ちょっと驚きましたが、皆さん器用ですね。

ポラソンの「フルートとジャズピアノトリオのための組曲」を情緒たっぷりに演奏されていました。なお、通常、ドラムセクションが入るのですが、今回は「諸般の事情」でいらっしゃらないため、チェロの宮澤さんが特別に編曲したスペシャルバージョンが演奏されました。最後は、第1部でも演奏されたピアソラの「ブエノスアイレスの冬」が演奏されました。

今回、告知期間が短かったにもかかわらず、60名ほどのお客さまが集まり、「クリスマスの夜」、魅力的な演奏に酔いしれました。通常、この手のコンサートでは、クリスマスにちなんだ曲が多いだけに、大人のムード溢れるヨーロピアン・ジャズのナンバーを組み込んだセンスが光りますね。本当は、 wine お酒でも傾けながら、聴けたら最高だったのですが…(普通のホールですから、それは無理です coldsweats01 )。

Img_105_0657_001

それから、開演前、会場入り口で、オーストリアの教会でおなじみの「お香」が焚かれていました。何でも佐藤さんが、「オーストリアのクリスマスの雰囲気を、お客さまに生で味わって頂きたい」という趣旨から、わざわざ現地からお持ちになったようです。

Img_105_0664_001

特殊な燃料を燃やして、その上で結晶状になったお香を焚くのですが、日本の場合、館内では火災警報機が誤動作する恐れがあることから、会場側の了解を得て、会場入り口で焚くことになったそうです。Feriも、この香りでウィーンのミサを思わず思い出してしまいました。正に、日比谷の一角がオーストリアになった瞬間です。佐藤さんも凝り性ですねぇ heart04

ところで、佐藤さん、宮澤さん、山本さんのトリオは、年末から年始にかけて精力的に各地でコンサートを行うようです。すでに満席となってしまっている会場もあるようですが、お近くの方は是非、お出かけになることをお勧めします wink 。楽しい一時が過ごせると思いますよ heart02

なお、詳細なスケジュールは山本実樹子さんのブログ(http://miramikko.exblog.jp/)に掲載されていますので、そちらをご覧ください。

また、佐藤さんのザルツブログでは、日本でのグルメ体験も紹介されており、こちらも別の意味で興味深いですね。しかし、グルメ系のブログは人気があるのですねぇ。


「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_presents_2

|

« 「Publikumsgespräch」を「見学」しました | Main | 謎のユニット「Operettts」 »

Comments

Feriさま☆

新年あけましておめでとうございます!

こんなにも立派な番外編に登場出来てとても光栄です。
大変お世話になりました。Feriさまのお力なくしてはこのようにスムーズに物事が運びませんでした。
本当にありがとうございます!

これからも楽しいコンサート企画を進めてゆきたいと思っています。
どうぞ末永くよろしくお願いいたしますheart

Posted by: lara | January 04, 2010 at 08:55 AM

laraさま

来日公演、お疲れ様です。各地でも好評だったようですね。それにしても、皆さまの体力というかガッツには、頭が下がります happy01

Posted by: Feri | January 04, 2010 at 04:09 PM

Feriさま
今回のコンサートへのとても素晴らしいご提案の数々、本当に感謝しています。ありがとうございました。

また、このような素敵なブログでもご紹介下さっていたことを遅ればせながら、今頃知り、喜んだり恐縮したり、でございます。

次回も行き来しながらオーストリアと日本でのコンサートができたらよいなと思っています。
今後もどうぞ貴重なアドバイスをよろしくお願い申し上げます。

Posted by: 山本実樹子 | January 10, 2010 at 10:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「Publikumsgespräch」を「見学」しました | Main | 謎のユニット「Operettts」 »