« ウィーンの電飾2009 その1 | Main | フラックタワーを民間に払い下げか? »

December 17, 2009

バージョンアップ クリスマス・トラム

Img_9429_001

クリスマス・イブまで一週間になりましたね。 今日は「アドヴェントにまつわるイベントの話題」です。

昨年も当ブログで紹介した「クリスマス・トラム」(Weihnachts-Bim)が、今年は11月28日から運転を始めました。

今年は12月20日(日曜日)までの毎土曜日と日曜、それに祝日の12月8日に運転されています(今週末までということになりますね )。

カールスプラッツの停留所を13時から17時30分まで、1日6便運行されています(一周約40分で回ります)。昨年同様、Schwedenplatz、Schottentor、Rathausplatzからの乗車(下車)も可能です。

Img_9419_001

大手ベッカライLtröckの協力(というかスポンサー)で運行されているので、車内では同社自慢のスイーツが提供されます。昨年は大人も子供もドーナツだったと思うのですが、今年は、バージョンアップ。大人には立派な トルテが提供されるようになりました 。ただし、すべての便でトルテが配られていた訳ではないようです

これで カフェーがあったら言うことありません(それほど甘くはない)。これでお値段が3ユーロですから、「リンクトラム」よりもお得ですね

ちなみにリンクトラムは内回りを走っていますが、このクリスマス・トラムはカールスプラッツを起点に外回りを走っています。そのため、リンクで2回ほどすれ違う場面を見ることができます。

また、夕方からはマナーの塗装に塗られた臨時路面電車も運行されています(これも昨年と同じ)。ただし、カールスプラッツの停留所に二つのクリスマス・トラムが並ぶことはないようです(バス4A停留所の関係らしいのですが…)。

Img_105_0447_001

車内には聖ニコラウス天使に扮した乗務員さんが乗っているのですが、手動式の乗降ドアを開けてハンドベルを鳴らしながら走るため、注目度抜群です

ところで、トップ写真の お姉さんはかわいいので、カールスプラッツの停留所では、一緒に 写真を撮る人が続出しています。もちろん、商売柄、記念撮影には気楽に応じていましたね。それにしても、天使の衣装がよく似合うのですよねぇ。つい、お姉さんの笑顔につられて乗ってしまった…という人もいるかもしれません。

車内のお客さまも、沿線の皆さんに盛んに手を振っていました。なお、車内ではクリスマスソングが流れていて、雰囲気を盛り上げています。

余談ですが、交差点で交通整理に当たっている警察官などに、クリスマス・トラムからお菓子をプレゼントしているシーンを何回か見かけました(これはマナーの方も一緒ですね)。

鉄道ファンの皆さんには気になる車両の番号ですが、Ltröck仕様は4033+5356(トレーラー)、Manner仕様は6857+1620(トレーラー)です。いずれも路面電車博物館の所属です。

今週末が「最後のチャンス」なので、ウィーンに滞在中の皆さん、かわいい天使が乗っているクリスマス・トラムに試乗してみてはいかがでしょうか

動画で魅力の一端をご紹介しましょう。

ブログランキングに登録しています。下記バナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Banner_14

|

« ウィーンの電飾2009 その1 | Main | フラックタワーを民間に払い下げか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーンの電飾2009 その1 | Main | フラックタワーを民間に払い下げか? »