« バージョンアップ クリスマス・トラム | Main | POPオペラ「アントニーと鬼」の仕上がりは? »

December 18, 2009

フラックタワーを民間に払い下げか?

Img_9650_001

なぜか当ブログに連動するようにウィーンで動きがある今日この頃。今まであまり話題にならなかったフラックタワーにも動きが出てきました。

Haus des Meeres(海洋館)となっているエスターハージィ公園のフラックタワーは、唯一実用的に利用されている例ですが、これをウィーン市が、民間団体に払い下げるための折衝を始めたという報道がありました。

理由は、フラックタワーの維持費がかさむこと、さらに予定しているHaus des Meeresの改装費を捻出するためだとか…。うまく行けば、一石二鳥ですね。ただし、「緑の党」は反対だそうです  今後の動きに注目されますね。

ところで、現地の新聞には、その顛末が紹介されているのですが、Haus des Meeresのリニューアルデザインも紹介されています(2枚目の写真がデザイン案だそうです)。

1259947469_5_001

これを見るとフラックタワーの外部に、なにやら賑やかな塗装を施すようです(確かに、今はコンクリートのままで味気ないですが… )。そして、さらに驚くのは、現在、広告塔となっている屋上にも施設を作る予定になっていることです。記事によると屋上の施設はレストランになるようです。

Img_9655_001

この付近では高い建物(というか建造物)ですから、眺望も良いでしょう。考えましたね。もし計画が実現するとなると、かなり大規模な改修工事になりそうですね。

ところで、海洋館ですが、フラックタワーの片面が実は、ウォールクライミングのトレーニング場になっているのですね。知りませんでした。ただし、営業は夏の間だけのようです。そのため壁に「障害物」が取り付けられていました。色々と考えるものですね

「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Banner_14

|

« バージョンアップ クリスマス・トラム | Main | POPオペラ「アントニーと鬼」の仕上がりは? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バージョンアップ クリスマス・トラム | Main | POPオペラ「アントニーと鬼」の仕上がりは? »