« その後のフォルクスオーパー「リゴレット」 | Main | 内緒でプログラムを刷新「メリーウィドウ」 »

December 05, 2009

フラックタワー余話

3424246_img_001

先日、ご紹介したフラックタワーですが、Steppkeさまから大変興味深いコメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

さて、その後、若干調べたところ、7区マリアヒルファー通りの横、軍兵舎内にあるフタックタワーは、機密文書資料保管、非常時の閣議用施設、非常時食料保管倉庫などに使われているとか…

ということは、防空陣地としての機能はなくなっていますが、立派に現役として活躍しているのですね。いやはや驚きです。

写真は「のどかなアウガルテン庭園内」で異彩を放つフラックタワーです。

このほか、現地にお住まいの方から伺ったお話なのですが、地元ウィーンの皆さんは、普通、フラックタワーのことをブンカー(英語だとバンカー)と呼んでいるそうです。そのため、フラックタワーという「正式名称」を初めて知った…とおっしゃっていました。

ご本家のドイツでは、重要な兵器を空爆などから守るための掩体壕(えんたいごう)のことをブンカーと呼んでいます。

特に有名なのは映画などにも登場したことがあるUボート・ブンカー(U-Boot-Bunker)で、第二次世界大戦中、Uボートの基地があったフランスの港に建設されていたそうです。このほか、コンクリートで固めたトーチカのことをブンカーと呼ぶこともあるようで、このあたりから来ているのかもしれません。ドイツでは明確に分けている施設を、オーストリアでは一緒にしているところが面白いですね。

また、Steppkeさまからコメント欄でご指摘いただいた国立歌劇場の出演者リスト(Abendzettel)ですが、その後、確認したところと、Steppkeさまご指摘のように単品販売のものは、「0.90ユーロ」という単品のプライスが印刷されていました。

Img_9132_001

このリストは毎回印刷しますから、プログラムと違い余ってしまえば廃棄せざるをえません。そんなに売れるものなのか疑問だったのですが、実は先日、販売しているところで見ていたら、引換券らしいものを持ったお客さまが来ていました。どうやらチクルス券を購入したお客さまには「特典」として出演者リストが無料でプレゼントされるのかもしれません。つまり、私が考えるよりも、毎日、多くさばける…ということなのでしょう(利益至上主義のホーレンダーさんが、無駄なことをするハズがありません。きっぱり )。

いずれにしても、Steppkeさまご指摘のように、わざわざ料金だけとは言え、別に印刷するところに「こだわり」を感じますね。個人的には、プログラムとリストの値段を併記しておけば済むような気もするのですが …ご参考までに写真をお目にかけます。

|

« その後のフォルクスオーパー「リゴレット」 | Main | 内緒でプログラムを刷新「メリーウィドウ」 »

Comments

Feriさま 私信(非公開でお願いいたします)
1985年フォルクスオパー「チャールダッシュの女王」NHK版の記録(VHS->DVD)が見つかりました。ご希望でしたらDVDに焼いてお送りしたいと考えます。送付先(日本)受け取り可能な時期(日本にいらっしゃる時期)をメールいただければと考えます。ただし画像、音声ともかなり劣化ておりますので資料的なものとお考えください(個人での利用目的ですの問題はないかと思います(もちろん無料です出お送りします)。

Posted by: supan | December 05, 2009 22:46

supanさま、ご配慮、感謝します。別途、ご連絡いたします。

Posted by: Feri | December 05, 2009 23:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« その後のフォルクスオーパー「リゴレット」 | Main | 内緒でプログラムを刷新「メリーウィドウ」 »