« こちらも健在、バレエ版「こうもり」 | Main | 2009年のオペレッタを振り返って »

December 30, 2009

アイゼンシュタットまで電化完成

Img_6572_001

今日は「鉄道の話題」です。今年はハイドン・イヤーで盛り上がったアイゼンシュタットは、ウィーンから近いのですが、鉄道で行くには意外と不便なところです。

実際、アウトバーンならば、ウィーンから1時間ほどで行くことができますが、鉄道の場合、乗換などが発生することもあって不便でした。そのため、公共交通機関でもバスを利用する人が多かったようです。

昨今、ヨーロッパでは地球温暖化対策の一環として、エネルギー効率の良い鉄道への回帰が進んでいますが、その一環ということなのでしょうか、アイゼンシュタットまでの鉄道路線が 電化されました。

Img_6571_001

今回電化されたのは、Wulkaprodersdorf-Neusiedl am See間(36km)で、工事は2008年7月から開始されたようです。

Feriが、2009年8月末にアイゼンシュタットへ行った際には、すでに工事は、ほぼ完了していました。しかし、実際の電化開業は、例のウィーン南駅廃止に伴うダイヤ改正が行われた12月13日となりました。ちなみに電化完成までは、二枚目の写真に写っているディーゼルカーが使用されていました

Img_105_0406_001

電化にともなってウィーンへの直通列車が20分間隔で運転されるようになりました(写真の電車が使用されています)。また、最高速度も80km/hから120km/hにアップし、Eisenstadt-Neusiedl am See間の所要時間が5分ほど短縮されています。

ちなみに例のWien Südbahnhof (Ostbahn)からNeusiedl am See経由でEisenstadtまで、直通の快速列車で約70分となっています。なお、WulkaprodersdorfではWienとSopronを結ぶ路線と接続していますが、こちらのルートでは直通運転は行われていません。

Bild2_001

ところで、電化開業に先立つ12月11日には、電化を祝う臨時列車の運転と祝賀行事が行われたようです(いずこも同じですね )。今まで、ブルゲンラントの州都であるアイゼンシュタットに電車が走っていなかった訳ですから、地元の喜びようもわかるというものです


「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Banner_snowman_1_3

|

« こちらも健在、バレエ版「こうもり」 | Main | 2009年のオペレッタを振り返って »

Comments

読ませていただきました。
応援ポチポチ!

Posted by: アシュトン | December 30, 2009 11:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« こちらも健在、バレエ版「こうもり」 | Main | 2009年のオペレッタを振り返って »