« 謎のピクトグラムシリーズ 「ドアは閉鎖中です」 | Main | ORFショップを見つけました »

January 10, 2010

ただ今無料公開中 ESSL美術館はいかが?

Img_104_9826_001

今日は「美術館のお話」です。

ウィーン郊外のクロスターノイブルク(Klosterneuburg)に現代美術(コンテンポラリーアート)の殿堂、「ESSL MUSEUM」があります。実は、この美術館、開館10周年を記念して2010年2月2日まで free 入場無料で公開されています(通常は大人7ユーロです coldsweats01 )。

Essl_museum_logo_3

以前、当ブログでもご紹介した派手な送迎バスをウィーンから運行している美術館ですね。
展示されている作品がコンテンポラリーアートなので、Feri一人では絶対に行かないと思うのですが、先日、お連れがあったので、初めて行ってきました。

Essl_museum_001

美術ファンならばご存知かと思いますが、この美術館、ESSLさんという個人が運営している美術館で、展示している美術品もESSLさん個人のコレクションです(いやはやすごいですなぁ confident )。そのため、時期によって展示している作品が変わるそうです(ということは、何度か訪問しても飽きない…ということです)。

訪問したのが夕方だったこともあり、「無料」であるにもかかわらず、意外と空いていました。美術館なので、内部の作品を写真で紹介できませんが、なかなか興味深い作品が多数展示されていました。

作品は絵画だけではなく、幅広いジャンルのものが並んでいます。例えば、トイレットペーパーの「芯」を多数組み合わせて作った作品などもありましたね(実物をお見せできないのが残念です wink )。

中には、“おーっ、これならば自分でもできそうだ”と一瞬思えるような作品もあります。最も、そういった作品の多くは、 shineアイデアの勝負」なので、そのアイデアが凡人には閃かないのですよね coldsweats01

そうそう、日本人の作品も展示されています。Feriが見た日本人の作品は「映像作品」でしたが、暗い部屋の天井に作品が上映されるようになっています。では、どうやって観賞するかというと、マットを敷いた観覧スペースでゴロリと横になるのです。当然、靴は脱いで上がるのですが…不思議な音楽も流れているので、何となく眠くなりますね。それよりも、皆さん、マットに寝そべって上を見ているというシーンが新鮮でした confident

Img_104_9543_001

また、この美術館の面白いところは、折りたたみ式の椅子が用意されており、これを自由に持って館内を移動できるようになっている点です。つまり、気にいった作品の前に椅子を置いて、じっくり観賞してください…という訳です。考えましたね。右の写真は屋外に展示されている作品です(これは有名ですね)。

建物も近代美術館らしく明るく、シンプルなデザインです。最上階には cafe カフェもあり、そこのテラスからは、クロスターノイブルク修道院を見ることができます。刺激的なコンテンポラリーアートを一通り見た後、荘厳なクロスターノイブルク修道院を見ると、すごく落ち着きますね。

Img_104_9551_001

カフェに併設する形でミュージアムショップもありますが、さすがに「コンテンポラリーアートの殿堂」、オーソドックスなポスターや書籍の他に、なかなか笑えるグッズもあります。是非、立ち寄ってみてください。

全ての人にお勧めできる美術館ではありませんが、ウィーンの古典美術を十分堪能した方は訪問してみるのも良いかもしれません。

なお、ESSL MUSEUMですが、実は通常でも無料で入館できる時間帯があります。それは、開館時間が延長される毎週水曜日の18時から21時までです。という訳で、この時間帯を狙って訪問する地元ファンも多いとか…節約の方法は色々あるのですね。それにしても、こういったサービスはファンにとっては、ありがたいですね happy01

なお、ESSL MUSEUMですが公共交通機関で行くのは不便なので、マイカー利用者以外は例の送迎バスを使うのが便利なようです。

詳細は、同美術館のWebサイトでご確認ください。


「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Br_banner_yukiusagi

文化・芸術 |

« 謎のピクトグラムシリーズ 「ドアは閉鎖中です」 | Main | ORFショップを見つけました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謎のピクトグラムシリーズ 「ドアは閉鎖中です」 | Main | ORFショップを見つけました »