« グルベローヴァさん、デビュー40周年 | Main | フォルクスオーパー・スペシャル「パウル・アブラハムの夕べ」 »

February 05, 2010

Morten Frank Larsenさん、お久しぶりの登板

Img_105_1344_001

今日は、懲りもせずオペレッタの話題です。

最近は、あまりフォルクスオーパーに出演しなくなってしまったMorten Frank Larsenさんですが、2月1日の「メリーウィドウ」にダニロ役として起用されました。

Feriは、昔、Morten Frank Larsenさんがダニロ役として出だした頃は、「軽いなぁ」と思っていたのですが、最近では実力を上げてきて、なかなか良い味を出すようになってきましたね。

さて、当日ですが、指揮はJoseph Olefirowiczさん(この人は「ハワイの花」を振る指揮者です)が務めました。主なキャストは、ヴェランシェンヌ役はRenée Schüttengruberさん、ハンナ役はNatalia Ushakovaさん、ツェータ男爵役はSándor Némethさん(最近、多いですね)、ダニロ役はMorten Frank Larsenさん、カミュ・ド・ロシュ役はSebastian Reinthallerさん、ニグシュ役はGerhard Ernstさんという面々でした。

さて、久しぶりに観たMorten Frank Larsenさん、すばらしい heart02

役に対する理解が進んで、自分のものになってきました。ダニロの風格も出てきた上に、お色気も十分。ただ、今回、久しぶりだったためか、ちょっと頑張りすぎ(というか、張り切りすぎ)という感じもしましたが…しかし、最近のダニロでは出色の出来と言って良いでしょう。恐らく、現在のフォルクスオーパーでは、ダニロ役の最適任者かもしれません happy01 (もちろん、過去にはすばらしい方がたくさん今したが、今現在でのお話です coldsweats01 )。

Img_105_1347_001

反面、ハンナ役のNatalia Ushakovaさんは、最近見たハンナ役の中では最悪でした。声は出ていないし、無理をして声を出そうとするため、歌のバランスが崩れている箇所が見受けられました sad 。しかも、「ヴァリアの歌」のリフレインをやっていたのですが、Feriはとても“ブラヴァ”と心から言えるような出来ではありませんでした down

後半は多少持ち直したが、他のメンバーが各パートを見事に演じていただけに、本当に残念です(もしかしたら、体調不良だった可能性もあります。また、Feriは彼女のハンナは初めて観たので、あくまでも「当日の感想」ということでご容赦ください)。

Img_105_1328_001

あと、カミュ・ド・ロシュ役のSebastian Reinthallerさんも、久しぶりでしたが、やはりいいですね。雰囲気がぴったりです。そしてヴェランシェンヌ役のRenée Schüttengruberさんは、例によって3幕のカンカンで魅力が炸裂していました。しかし、あの場面に至るお芝居や歌も上手ですから、正に歌役者といって良いでしょう。

Img_105_1339_001

Sándor Némethさんも、最近はツェータ男爵役が多いのですが、相変わらず楽しそうにやっている姿が印象的でした。本当に味のある歌役者さんになりましたね。

という訳で、出演者の組み合わせで変幻自在に変化するオペレッタは、やはり楽しいですね(オペラもそうですが)。

|

« グルベローヴァさん、デビュー40周年 | Main | フォルクスオーパー・スペシャル「パウル・アブラハムの夕べ」 »

Comments

自らのご身分を「音楽ド素人」と詐称、実は「音楽ド玄人」のはっぱさんがハンナ役のナターリア・ウシャコーワを嫉妬心も手伝って厳しく批評(非難?)しておられましたし、Feriさんも最悪のハンナとの評価ですが・・・・。実は私、年初フォルクスオーパー管弦楽団の来日公演でウシャコーワに接しております。歌唱の方はおっしゃる通りです。その上容姿が良くないとまで私の口からはとても言えません。悪口も3人揃って言えば怖くないのですが、あまりやりすぎると当ブログの品格に関わりますのでここらで止めておきましょうね。

Posted by: Unicorn(ユニコーン) | February 05, 2010 at 04:12 PM

Unicornさま、コメントありがとうございます。

ナターリア・ウシャコーワさんですが、必ずしも当日は調子が良くなかったのかもしれません。また、当日は、共演陣が良かったことがマイナスに作用することありますので down

彼女向きの役もあると思うので、次の機会を期待したいと思います。

余談ですが、Feriもハンナには思い入れがあるものですから、厳しめのコメントになりました。

Posted by: Feri | February 05, 2010 at 05:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« グルベローヴァさん、デビュー40周年 | Main | フォルクスオーパー・スペシャル「パウル・アブラハムの夕べ」 »