« Pause(休憩)よもやま話 | Main | 場所が有効に使える「ダブルゴール」 »

March 19, 2010

こんなところに「Operettts」

Img_105_1987_001

今日は先日ご紹介した「Operetttsにまつわるお話」です。

おさらいですが、「オペレッツ」は、フォルクスオーパーでスペシャルとして上演されているオペレッタ版三大テノールのパロディです。

フォルクオーパーで活躍するテノールのThomas Sigwald、 Thomas Markus、Mehrzad Montazeriの三人にピアノを担当するとChrstian Kochが加わった四人編成です。オペレッタの名曲をちりばめたパロディなのですが、先日、DVDが発売されました。
当たり前ですが、フォルクスオーパーの売店でも、今年に入ってから販売されていましたが、実は珍しい場所で、このDVDを販売しているところを見つけました。

で販売していたのは、フォルクスオーパーに近いカフェー「ワイマール」(Café-Restaurant Weimar)でした。先日、たまたまケーキなどが並んでいるショーウィンドウ近くの席に座りました。ふと、ショーケースを見ると、見たことのあるパッケージが…そう、オペレッツのDVDだったのです。

細かく確認しなかったのですが、お値段はフォルクスオーパーと同じだったと思います。ワイマールには、フォルクスオーパーの歌役者さんがよく訪れるので、その関係で置いているのでしょう。しかし、お持ち帰り用の「コーヒー豆」や「紅茶の茶葉」などと一緒に並んでいるというところがウィーンらしいですね。

ところで、2010/2011シーズンのプログラムは、フォルクスオーパーからは公式に発表されていないのですが、なぜかオペレッツのサイトでは、自分たちの公演日程が紹介されています。それによると9月21日、10月15日、2011年1月21日、2011年5月9日の4公演となっています。

DVDも良いですが、もしチャンスがあったら、本物の舞台を観てください。通常のオペレッタとは異なり、楽しい舞台ですよ。


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Banner_br_sakurabird

街角の話題 |

« Pause(休憩)よもやま話 | Main | 場所が有効に使える「ダブルゴール」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Pause(休憩)よもやま話 | Main | 場所が有効に使える「ダブルゴール」 »