« 場所が有効に使える「ダブルゴール」 | Main | 楽しい「中庭巡り」はいかがですか? »

March 21, 2010

知事さんはオラが街の誇り

Marktgemeinde_thal_002

今日はグラーツ近郊の「小さな街の話題」です。

一部、日本のマスコミにも報道されたので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、.現在、アメリカ/カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Alois Schwarzenegger)さんの生家が同氏の博物館になるそうです。

シュワルツェエネッガーさんはシュタイヤマルク州グラーツ近郊のタール・バイ・グラーツ(Thal bei Graz、Marktgemeinde Thal)で生まれていますが、現在も生家は健在。シュワルツェネッガーさんのファンであるオーストリア人投資家(誰なのか興味がありますね )が、先ごろ生家を購入し、博物館にするための改装工事を進めているそうです

Marktgemeinde_thal_000

ちなみにシュワルツェエネッガーさんは10代を、Marktgemeinde Thalの家で過ごし、21歳の時に渡米しているのですね。で、同氏は現在、62歳。「ターミネーター」などではマッチョな姿で活躍しましたが、結構なお歳になりましたね。

この博物館には、シュワルツェネッガーさんがボディービルを始めたころに使ったダンベルやバーベル、出演した映画に関する物品などが展示されるそうです。で、運営側としては年間2万人以上の来場者を見込んでいるとか。さて、うまくいくでしょうか

Marktgemeinde_thal_003

なお、日本の報道によると、今年の7月にはオープンする予定だそうです。シュワルツェネッガーさんのファンにとっては、興味深い博物館になるかもしれませんね。

ところで、Thal(Marktgemeinde Thal)は小さな街ですが、Webサイトも完備しています。この町で、最大の観光資源がアーノルド・シュワルツェネッガーさんなので、同氏ゆかりの場所を案内したパンフレット(お散歩コース、左側の写真)なども用意されています(Web上でもPDFファイルで提供されていました)。

グラーツからも近いので、出かけてみるとおもしろいかもしれませんね。


「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。


Banner_br_sakurabird

街角の話題 |

« 場所が有効に使える「ダブルゴール」 | Main | 楽しい「中庭巡り」はいかがですか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 場所が有効に使える「ダブルゴール」 | Main | 楽しい「中庭巡り」はいかがですか? »