« フォルクスオーパーの2010/11シーズンを占う | Main | 私的“グラーツ”ナビ(その1) »

March 04, 2010

ツインシティライナーの新ターミナル建設中

Img_105_1289_001

今日は新しい「船のターミナル」にまつわる話題です。

ウィーンからスロバキアの首都ブラチスラバへ行く場合、自動車か鉄道で行くケースが多いと思います。実は、「第三のルート」としてドナウ川を運行する高速船(シティツインライナー)を利用する方法があります。

このツインシティライナーのウィーン側の新しい船着き場というか、ターミナルを現在建設中です。場所は旧市街のシュヴェーデンプラッツのドナウ運河です。ちょうど、路面電車や地下鉄(U1、U4)の駅前になります。

現在、工事は佳境を迎えており、斬新だデザインの建物が徐々に姿を現してきました。この新ターミナルですが、2010年5月に完成予定となっています。これが完成すると、ウィーンからの出発が、より便利になりますね。

2010_schiff_001

ちなみに現在、ウィーンとブラチスラバを結ぶシティツインライナーですが、ドナウ川のため特別設計された特殊な双胴船(カタマラン船) 2隻を使用し、毎日4往復が運行されています(シーズンにより増減便がありますが)。

Feriは利用したことはありませんが、定員は102名で、自転車の持ち込みも可能だそうです。運行会社のWebサイト(http://www.twincityliner.com/web/)を見ると、川を運行する航路であるため、上下で所要時間が違うのが面白いですね。

ちなみにウィーンからブラチスラバへは1時間15分、逆のブラチスラバからウィーンまでは1時間30分となっています。最高速度69km/hというから、なかなかの性能ですね。そういえば、昔は水中翼船が、この区間を航行していましたね。懐かしい。

余談ですが、鉄道の場合は、REXという相性の快速列車が、ウィーン-ブラチスラバ間は1時間ほどで結んでいます。船旅としては、手頃な時間だと思いますので、ブラチスラバへお出かけの際には、ご利用になってはいかがでしょうか。

「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Banner_br_sakurabird

街角の話題 |

« フォルクスオーパーの2010/11シーズンを占う | Main | 私的“グラーツ”ナビ(その1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フォルクスオーパーの2010/11シーズンを占う | Main | 私的“グラーツ”ナビ(その1) »