« フォルクスオーパーが「復活祭特別割引」を実施中 | Main | 地下鉄車両を搬送中 »

March 27, 2010

注目 国立歌劇場のチケット販売方法が変更に!!

Saisonvorschau_001

今日は、「国立歌劇場のチケット発売方法変更のお知らせ」です。

一昨日、国立歌劇場2010/2011シーズンのプログラム概要をお伝えしましたが、実は、来シーズンからチケット発売方法が、一部変更になります。

当たり前ですが、どこの国でも経営トップが変わると、従来とは違った経営方針が打ち出されますから、様々な変化が起こります。という訳で、国立歌劇場のチケット販売方式にも手が加えられることになったようです

○発売開始日が2ヶ月前に変更
従来、国立歌劇場では、チケットの販売は原則として公演の1ヶ月前の同日(例:5月1日分は4月1日から)になっていました。それが、2ヶ月前に変更されます(例:5月1日分は3月1日から)。Feriのように海外からの遠征組にとっては、2ヶ月前にチケットが確保できるのはありがたいですね 。今まで、航空券を手配してから、チケットの入手で気をもんでいましたから…

この結果、シーズンスタートとなる2010年9月分のチケットは5月から、2010年10月分は6月にそれぞれ販売開始となるようです。ご注意を(なお、11月分は9月発売です)。

○一部座席の先行販売中止
従来、料金カテゴリー1と2の「一部座席」は、来シーズンのチケット販売が始まる6月1日にインターネットで一斉販売されていました。最も席数は極端に少なく、かつロジェ以外は良い場所がなかったのも事実ですが…
2010/2011シーズンから、このシステムが廃止されるようです。まぁ、中途半端ではありましたが…

○電話での販売日も変更に
従来、電話によるチケットの予約・販売は、窓口発売日の翌日でしたが、来シーズンから窓口と同じ日(2ヶ月前の同日)に変更になりました。日本から電話申し込みをする方は少ないでしょうが、注意が必要です。

○予約方法
こちらは変更がありません。公演プログラムがオープンになった段階で、郵便やFaxにより、すべての演目のチケット申し込みが可能です。

201003_culturall_001

ただし、これはチケットの購入を確約するものではなく、リクエストですよね。なお、この文書(Fax)による申し込みが、チケットを確実に確保する一番確かな方法だという説があります(Feriはやったことがないので、何とも言えませんが )。

○Culturallもシステム変更か
インターネットによる申し込みも従来通り、公演プログラムがオープンになった段階で、リクエスト(スタンバイ・チケット)が可能です。ただし、来シーズン分については、システム変更が行われ、料金カテゴリーの選択に加えて、座席の詳細リクエストを入れることができるようになりました(例:最前列、座席エリア、通路側など)。それに伴って、画面構成がずいぶん変わりました。Feriも最初は戸惑いましたね。なお、こちらについては、近いうちにAustria-fan.comさんの方にガイドが載るそうです。

○その他
残券がある場合の「公演前日の割引販売」(ただし、bundestheater.at-CARD所有者に限られますが)、「立ち見席」、「立ち見席優先カード」、「立ち見席回数券」などは、2009/2010シーズンと同じです。
しかし、公演プログラムも含めて、従来のホーレンダースタイルから変わりましたね。

「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Banner_br_sakurabird

オペラ |

« フォルクスオーパーが「復活祭特別割引」を実施中 | Main | 地下鉄車両を搬送中 »

Comments

チケット販売方法変更の情報、どうもありがとうございます。
私は、いつも書面(fax)にて申し込んでいます。
staatsoperのHPの残席情報は凄くいい加減で
信用できないからです。
書面だと確実に良い席が確保できます。
もっとも、ネトレプコが出演するような人気公演は必ずしも良い席の確保は、難しいですが、席にこだわらなければ大丈夫です。
私は、Logeが好きなので、その旨、記載しておくと
余程の人気公演以外はGetできます。
但し、安価なチケット希望の場合は申込みしたことが無いので不明ですが、なるべく早い時期に、faxしておけば取れると思いますので、お試し下さい。
その場合、ある程度のエリアの希望を記入しておくのをお忘れなく!
今シーズンまでの場合、2ケ月くらい前以後に、Faxした場合は、返信がfaxで届き、席番も記載されて来ますが、それ以前は、エアーメールで、取れたカテゴリーと値段しか記載が有りません。
支払いは、カードの情報を記載したpayment formを
公演の6週間前までにfaxすればよく、送らなければ自動的にキャンセルになります。
現地で引き取る時に席番がわかります。尚、引換えの時に同じカテゴリーか、カテゴリーのアップグレードで空いている席が有るか調べてもらって、有れば交換可能です。
volksoperは、もっと親切で、4~5ケ月前のfaxでも
返信は、faxですぐに届き、席番の記載も有ります。
更に、支払いも、10日前までで、OK!
勿論、payment formを送らなければ、キャンセルになります。
volksoperは、特に外国からのお客には親切なのかもしれませんね?!
尚、ムジークフェラインもstaatsoperと同様に書面の方が良い席が取れます。方法は同じです。
更に年会費60ユーロ?くらい支払って会員になると一般発売の前に優先販売が有り、不定期(年に5~6回)ですが、マガジンをエアーメールで送って来てくれます。
但し、ドイツ語版のみしか有りませんが、写真を見ているだけでもきれいなマガジンです。勿論、年間スケジュールの冊子も送ってきます。
長々と失礼しました。

Posted by: カンカン | March 28, 2010 19:55

カンカンさま、貴重な情報をご提供いただき、大変ありがとうございます。
やはり実際にご利用になっている方のお話は参考になりますね。

私も今度、試してみたいと思います。

>会員
ブンデステアターカルテですね。手続きをしてから、会員証が発行されるまでに、かなり時間がかかるという話を聞いたことがあります。

今後も情報があれば、ご提供いただければ幸いです。

Posted by: Feri | March 28, 2010 21:34

feriさま。
私の書き方が悪かったようで、すみません。
会員のお話しは、楽友協会会員のことです。
私は、2シーズン前くらいまで会員でした。
楽友協会主催のウィーンフィルの演奏会が結構あり優先販売でチケットが買えるため
入手困難な定期演奏会をブラックマーケットから高額入手する必要がないので入会していました。

bundestheater-CARDには興味が有るのですが、詳細が、いまいち良くわからなくて、手を出せないでいます。もしご存知でしたら、教えていただけると幸いです。デビットカードのようなものだと聞いていますが、チケットの優先販売に魅力を感じています。
ちなみに私はドイツ語は苦手で、チケットのオーダーもすべて英語でfaxしています。

4月に、ウィーン・オペラの旅に出掛けます。volksoperですが、「3つのオレンジの恋」の新制作(と言っても、ハンブルグオペラからの借り物?のようですが。)を鑑賞予定です。
日本では滅多に観られない演目なので、それなりに楽しみにしています。
ヴァイオリンの三輪愛さんとは、顔見知りなので、彼女との再会も楽しみです。(サントリーホールのウィーンフォルクスオーパー交響楽団のジルヴェスターコンサートでもお会いしました。年末年始にウィーンに出掛けない時は必ず、聴きに行って新年を迎えます。)
10日程の滞在ですが、その他は毎日、staatsoper通いです。
ホーレンダー総監督の勇退に伴って、ご存知とおもいますが、4~6月は、スター歌手が沢山出演するようです。

feriさまは、あの!ロベルト・マイヤー監督とプライベートでお会いしたそうですね。すご~い!羨ましい!
素晴らしいとしか言いようがありません!

また色々とお話し聞かせて下さいねぇ!!!

Posted by: カンカン | March 29, 2010 00:56

カンカンさま、たびたびのコメント、ありがとうございます。

>楽友協会会員
確かに定期公演は取れませんからねぇ。

>bundestheater-CARD
今度、ちゃんと調べてご紹介したいと思います。よく「Feriさんくらいチケットを買っていたら、入っていた方が徳だよ」と言われます。ただ、カード会員の優待公演が限定されているため、海外にいると余りメリットがなさそうなので

>三つのオレンジの恋
4月17日がプルミエですね。こちらも最近では余り上演されない演目なので、ご覧になった感想などをお聴かせ頂けると幸いです(こういった場合は、Austria-fan.comさんの掲示板の方が便利でしょうかね)。Mehrzad Montazeriさんが出演するので、Feriも観たかったのですが、日程的な問題もあり、こちらは断念

それにしても4月から5月にかけての国立歌劇場は、すさまじいですね。皆さま注目の「カルメン」がどんな舞台になるか楽しみです。とは言っても、Feriは見に行けませんので、皆さまのご感想待ちです。

>ロベルト・マイヤー監督とプライベートでお会いしたそうですね。
ありがとうございます。役者さんだけあって、ファンを大切にしてくれる方ですね。

これからも、色々とコメントをお寄せ頂けると幸いです。

Posted by: Feri | March 29, 2010 08:30

The comments to this entry are closed.

« フォルクスオーパーが「復活祭特別割引」を実施中 | Main | 地下鉄車両を搬送中 »