« 2010年のバードイシュル レハールフェスティバルは | Main | マイドリンク駅にもあった「例のピクトグラム」 »

March 10, 2010

ウィーンの分煙…四方山話

Img_104_7540_001

最近、日本では、厚労省が他人のたばこの煙による受動喫煙の害を防ぐため、健康増進法(よく考えるすごい名前ですね)に基づいて、「 飲食店を含む公共施設を原則、全面禁煙にすべきだと」の通知を都道府県などに出して、話題になっています。

ただし、罰則規定はなく、お酒を提供するお店には、売上が下がると、反対するところも多いとか…さて、どうなるのでしょうかね。

さて、ウィーンのお話です。以前も当ブログでオーストリアが「 ヨーロッパの灰皿」と揶揄されているという話題(2009年11月16日)をお伝えしましたが、最近ではEUによる「縛り」が日々厳しくなっているようです。

EUでは加盟国に対して、2012年までに「たばこ煙ゼロの欧州」の実現を呼びかけています。これを受けて禁煙法を制定・施行する加盟各国が増えているとか…

実は、オーストリアでも、1995年から「公共の場所での喫煙」は禁止されています。公共の場所には、映画館、劇場、学校、大学、鉄道の駅、空港などが含まれています。しかし、こちらも法律に違反した場合でも罰金は課せられていません。

また、 喫煙は、学校、学校の運動場、またはその他の子供の教育に使用される施設でも禁止されています。このうち、学校以外の場所では、受動喫煙の対策を施した喫煙室を設置することができるそうです。

このような背景を受けて、国立歌劇場やフォルクスオーパーは、事実上の全面禁煙になっています( たばこが吸える場所は、玄関前ですね。寒い時期、愛煙家の皆さんは我慢大会です )。

Img_0268_001

また、ウィーンの レストランや カフェーでも、徐々にではありますが、分煙が進んでいるように感じます。しかし、こちらの分煙は「単に席を区切っただけ」という例が多く、副流煙が禁煙席の方に漂ってきます。特にカフェーでは、この傾向が顕著ですね。そもそもカフェーは“たばことカフェを飲みながら、ゆったりと過ごす「第二の居間」”ですから、完全な分煙化は難しいのかもしれません。それでも、 禁煙席の比率が徐々に高まっているのも事実です。フォルクスオーパーに近い某カフェーも、以前は喫煙席が2/3くらいあったのですが、今では禁煙席との比率が逆転しています。

Img_104_9643_001

ところで、Feriもよく利用していた国立歌劇場にほど近い「カフェー・ムゼウム」(右写真のところ)が、このほど、大規模な改修工事のため、閉店となりました。どうやら分煙対策のための全面改装らしいのですが、これに合わせてお店の経営も変わってしまうようです(当然、伝統ある店名も消滅…)。

これは、改装工事の費用が関係しているのかもしれません。Feriは、タバコは吸わないので、禁煙席が設置されるのはありがたいのですが、伝統的なカフェーが分煙対策のために消えてしまうのは、残念でなりません。ウィーンのカフェーが近代的なスタイルのものだけになってしまったら、魅力が半減ですからねぇ。うまく共存できる対策はないものでしょうか。


※「人気ブログランキング」に登録しています。下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります。

Banner_br_sakurabird

街角の話題 |

« 2010年のバードイシュル レハールフェスティバルは | Main | マイドリンク駅にもあった「例のピクトグラム」 »

Comments

初めてコメントします。
いつも楽しみに拝読させてもらっています。
2002年から毎年1回、ウィーンに行っています。
目的はオペラ鑑賞。10日間程の滞在ですが、毎晩、
staatsoperに通っています。
でも、必ず1回はvolksoperに行くことに決めています。
理由の一番はvolksoperの雰囲気が好きだから。
日本の古い芝居小屋で(良い意味で。)聴いているような感じがして、とてもしっくりした感じがします。
それにオペレッタは楽しいですしねぇ!!!

タバコの件ですが、愛煙家の私にとっては、カフェでタバコが吸えないのは苦痛です。
分煙ならまだしも、全面禁煙のカフェが増えてしまって喫煙できるところをさがすのが大変になりました。
ホテルも建物内は全面禁煙になってしまったみたいで、外に出て吸っています。
禁煙は世界的な流れなので仕方ありませんが、せめて、カフェは、上手く分煙できないものかと思います。

また、興味深い「こぼれ話」期待しております。

Posted by: カンカン | March 10, 2010 11:54

カンカンさま、コメント、ありがとうございます。
>日本の古い芝居小屋
そのとおりですね。相対的に地元の人が多いこともありますが、独特の雰囲気がありますね。

タバコの件に限らず、EUで統一したルール(規制?)を徹底しようとすると、各国の事情がからんで、色々と大変なようです。オーストリアの場合、たばこ産業が盛んな国なので、いままでは何とか凌いでしたようですが、難しい問題ですね。私はタバコは吸いませんが、オーストリアの伝統的なカフェーは、一般的に天井が高いため、日本ほどは喫煙席でもしんどいと感じることは少ないですね。

これからもお気軽にお立ち寄り下さい。

Posted by: Feri | March 10, 2010 12:45

タバコ関連の話題を一つ。オーストリアでは、このほど、タバコの値上げが行われたようです。愛煙家の皆さんは、踏んだり蹴ったりですね

Posted by: Feri | March 20, 2010 09:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2010年のバードイシュル レハールフェスティバルは | Main | マイドリンク駅にもあった「例のピクトグラム」 »